住宅ローン金利 2015年4月 上昇!

bgt


住宅ローン金利 2015年4月 上昇!

 

3月に引き続き、4月も住宅ローン金利が上昇しました。

まず、フラット35(住宅金融支援機構)の固定金利ですが、

(20年以下) 3月1.20% → 4月1.31%+0.11%

(21年以上) 3月1.47% → 4月1.54%+0.07%

※ちなみに、2月は、20年以下は1.1%、21年以上は1.37%でした。

 

次に、都市銀行の主力10年固定の金利ですが、

三菱東京UFJ銀行 → 1.25%(前月比+0.05%

三井住友銀行 → 1.25%(前月比+0.05%

みずほ銀行 → 1.20%(前月比+0.05%

りそな銀行 → 1.20%(前月比±0

三井住友信託銀行 → 0.85%(前月比±0

 

固定金利や10年固定金利は、日本国債の利回りと連動します。

国債アナリストの多くは、日銀の金融緩和解除はまだ当面長引くものの、米国などの海外の金利上昇の影響を受け、2015年は年末にかけて、緩やかに金利は上昇すると予測してます。

 

住宅ローン借り換えセンターは借り換え専門のコンサルティング会社ですが、営業トーク抜きで、住宅ローンの借り換えをするなら、今すぐ申し込んだ方が良いと思います。

借り換えは、専門家が対応した場合で、最短で1ヶ月平均2~3ヵ月かかります。

住宅ローンは融資実行時点の金利が適用されます。

ですので、今から借り換え手続きをスタートしても、実行できるのは、5月~6月になります。

 

お急ぎの方は、今すぐ、住宅ローン借り換えセンターにお問い合わせ下さい。

 

 

住宅ローン金利、4月引き上げ 三菱UFJなど
2015/3/31 日本経済新聞

三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行は4月に住宅ローン主力の10年固定型の最優遇金利を年1.25%に上げる。みずほ銀行も年1.2%とする。引き上げ幅は3行とも0.05%で、上げるのは2カ月連続となる。りそな銀行と三井住友信託銀行はそれぞれ年1.2%、年0.85%で据え置く。

サブコンテンツ

このページの先頭へ