年金生活で住宅ローンが残っている方、必見!

bgt



年金生活で住宅ローンが残っている方、必見!

住宅ローンをリバースモーゲージで完済し、月々の返済額を低くすることで、ゆとりある老後生活がおくれます。

リバースモーゲージとは、中高齢者向けの自宅担保ローンです。

年金だけでは老後の生活が厳しい方や、老後の生活を楽しみたい方向けに、自宅を担保に融資する商品です。

 

ここでは、X銀行のリバースモーゲージ商品を簡単に解説します。

 

リバースモーゲージの融資条件(X銀行)

・55歳以上、80歳以下

・年金120万円以上

・500万円以上、1億円まで

・担保は自宅(土地の評価のみ) ※年齢により掛目あり

・全国対応

・金利は3~4%程度(変動金利)

・支払は毎月利息のみ(返済期間は終身)

・資金使途は自由(事業性は×) 

 

分譲マンション(区分所有)は、どこの金融機関も取扱いしてませんが、X銀行のみ築浅且つ地域限定で取扱い可。

 

不動産担保ローンとの違い

通常、55歳以上の年金生活者の方に、不動産担保とはいえ、資金使途自由のローンは余程の資産家でない限り貸してくれません。

(年金担保融資は別です)

各金融機関にも、不動産担保ローンという商品はありますが、金利は高いです。

銀行でさえ5%以上はとります。

また、普通に不動産担保ローンを借りれたとしても、元利均等又は元金均等の返済になります。

完済年齢などを考えると長期間でローンを組むことはできず、そうなると、月々の返済は年金収入で返せる範囲を超えます

 

リバースモーゲージの大きな特徴は、毎月利息の支払だけで良く、元本は借主が死亡した時に、自宅を処分して返済にあてるというものです。

仮に、夫婦2人暮しで、ご主人が亡くなった場合、自宅を売却せず妻にローンをそのまま承継することも可能です(要審査)。

一人暮らしの方が、リバースモーゲージを借りていて、死亡した場合でも、相続人がローンを承継するか、売却するかを選択できます。

このあたりは、ある程度、柔軟な設計としているようです。

 

最近の傾向(資金使途)

X銀行の方に、リバースモーゲージの利用状況や傾向についてヒアリングしました。

最近、リバースモーゲージをリフォーム資金で使われる方が増えているとのことです。

 

なぜ、リフォーム資金なのか???

夫婦2人暮しになると、リビングなどを大きくしたりして、快適な間取りの老後生活を望む方が多いそうです。

超高齢化に備え、バリアフリー工事をする方も多いそうです。

 

 

なぜ、リフォームローンではないのか???

リフォームローンの金利は、2~3%前後が多く、リバースモーゲージよりも金利は低いです。

問題は月次の返済額です。

リフォームローンは、5年~10年くらいで返済することになるので、月々の返済がきつくなります。

しかし、リバースモーゲージは毎月利息のみの支払なので、月々の支払が軽減され、そこに人気があるようです。

 

 

住宅ローンの返済資金にも使える???

ここで冒頭の 「年金生活で住宅ローンが残っている方」について朗報です。

住宅ローンは完済年齢が70~80歳で組まれている方が多いです。

計画的な繰上げ返済や、退職金で完済できればいいですが、なかなか難しい方も多いと思います。

そうなると、65歳で会社員を定年後も住宅ローンが残るという方が今後、増加すると思われます。

年金生活で、住宅ローンを返済継続するのは、家計的にきついと思います。

かといって、住み慣れた家を売るというのも、気が進まないでしょう。

そういったとき、リバースモーゲージを使って、住宅ローンを完済することで、年金収入でも返済は継続できるようになり、家計が楽になります。

 

ゆとりある老後生活を送るために、リバースモーゲージを活用したいと思った方は、住宅ローン借り換えセンター(JMPパートナーズまでご連絡下さい。

【お電話での問い合わせ】フリーダイヤル 0120-55-2841

 

ブログランキングの応援クリックをお願いします!

3つとも、ぽちっと!

 

 ブログ村 

住まいるブログ

人気ブログランキング

 

住宅ローン借り換えセンター

住宅ローン借り換えセンター

 


サブコンテンツ

このページの先頭へ