生活費節約にスマホアプリを活用

bgt


生活費節約にスマホアプリを活用するという記事をご紹介します。
住宅ローンの利息削減も十分な節約となります。

住宅ローン借り換えセンターでは、ローン借り換え相談を行っております。

年末年始に外食などで予想外に出費がかさみました。住宅ローンや子どもの教育費もあるので、食費などの生活費を切り詰めたいのですが、何か手軽な節約術はないでしょうか。(埼玉県、女性、35)
 食費節約には色々な方法がありますが、簡単で続けやすいのはスマートフォン(スマホ)用アプリの活用です。特に使い勝手がいいのはスーパーなど食品を扱う小売店の特売情報をスマホ画面で見られる無料のアプリでしょう。
 DeNAが運営する「チラシル」というアプリがあります。居住場所の近隣にある複数の小売店の価格を1画面にまとめて表示でき、比較しやすいのが特徴です。安い値段の商品を選んで買い物をすれば4人家族で1カ月に最大1万円くらい節約は可能です。個人差や地域差はありますが、アプリは職場での休憩中など場所を選ばず短時間で見られるので試してみてはどうでしょう。
 特売情報だけでは、献立が思い浮かばないという人は「レシピサーチ」などレシピ検索アプリの併用がお薦めです。チラシで安くなった食材名を入力し、検索するとそれを使う料理の作り方が表示されます。
 使い残して捨てる食材を減らすことも考えましょう。4人世帯だと食材廃棄費は月数千円ほどに上ることがあります。こうした無駄を防ぐ時に便利なのは、「Stamp 冷蔵庫」「冷蔵庫チェッカー」など、冷蔵庫に保存した食材の名前や食べられる期限を記録できるアプリです。
 初心者がアプリを選ぶ時は、まず自分が使う端末に対応しているかを調べましょう。例えば「チラシル」と「レシピサーチ」はiPhoneと、アンドロイド搭載スマホの両方で使えますが、「Stamp 冷蔵庫」はiPhoneのみ、「冷蔵庫チェッカー」はアンドロイドのみです。ダウンロード前に、利用者が感想を書く「レビュー」項目も読んで参考にするとよいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ