長期金利が低水準に 住宅ローン金利に影響も

bgt


  • にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ

↑↑もしこの記事がお役にたちましたら応援クリックをお願いいたします。↑↑


最低金利への住宅ローン借り換え無料相談ダイヤル

0120−55−2841



テレビ朝日系 ANNより
長期金利が1年3カ月ぶりの水準まで低下し、住宅ローン金利などの金融商品にも影響を与えそうです。

 11日の東京債券市場では、指標となる10年物国債の利回りが一時、0.530%を付け、日銀が大規模な金融緩和を導入した去年4月以来の低い水準となりました。こうした流れを受け、住宅ローン金利も低下傾向が続いています。ただ、この低金利も、住宅やマンションの購入は一部の地域や消費者層に限られ、借り入れ全体には広がっていないと指摘する声も上がっています。日銀は、15日の金融政策決定会合で大規模な金融緩和の継続を決める見通しです。今後は、低金利政策が実体経済をより一層押し上げるには何が必要なのか、そうした議論が強まってきそうです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ