11月住宅ローン金利引下げ【三菱東京UFJ】

bgt


11月住宅ローン金利引下げ【三菱東京UFJ】

 

三菱東京UFJ銀行が、11月度の5年固定と10年固定の住宅ローン金利を引き下げるとのことです。

具体的には、5年固定は0.95%、10年固定は1.25%へ。

ただし、変動金利は据え置きです。

ここのところの国債利回りの一層の低下の影響によるものと思われます。

恐らく、ネット系銀行含め、他行も追随するものと予想されます。

引き続き、各金融機関の金利動向を注視していきたいと思います。

 

 

三菱東京UFJ銀、住宅ローン金利を一部引き下げ 11月実行分
2014/10/29 日本経済新聞
三菱東京UFJ銀行は29日、11月実行分の住宅ローン金利を一部引き下げると発表した。
店頭金利から2.20%分低い優遇金利は5年と10年の固定特約タイプを前月から0.05%引き下げ、0.95%、1.25%とする。
店頭金利は5年、7年、10年、15年、20年の5種類の固定特約を前月から0.05%引き下げ、それぞれ3.15%、3.45%、3.45%、4.20%、4.75%にする。
店頭金利の1年、2年、3年の固定特約と、変動金利、優遇後の変動金利は据え置く。




このブログが役に立ったら、応援クリックをお願いします!

 ブログ村

サブコンテンツ

このページの先頭へ