【住宅ローン】どういう人が借り換えの対象か?

bgt


【住宅ローン】どういう人が借り換えの対象か?

 

過去最低の金利が続いているなか、住宅ローンの借り換えを検討中の方は多いと思います。

では、どういった方が借り換えの対象になるか?について目安を書きます。

 

1. 今から6年前から10年前に借りた方 

・10年以上前も対象になります。

・年齢層でいうと、30歳後半から50歳代の方です。

 

なぜ、6年前から10年前か?ですが、フラット35の金利の推移をみると、この時期が高いからです。

平成16年(2004年)が最高4.5%の金利を付けました。

平成18年(2006年)、20年(2008年)、21年(2009年)は、最高4%を記録しました。

 

フラット35は住宅金融支援機構が債権を買いとりますが、融資の窓口は民間の金融機関です。

金融機関は、これに手数料や金利をのせます。

ですので、窓口となる金融機関によって、金利や諸費用もかわるため、金利差が生じます。

余談ですが、審査基準は住宅金融支援機構のHPに掲載されてますが、窓口となる金融機関によって、審査基準が微妙に違ったりします。

 

2. 残高が1,000万円以上、残っている方

厳密に1,000万円とは言い切れませんが、あくまで目安です。

残高が少なければ、支払う利息も少ないので、低金利に借り換えても、あまりメリットが出ません。

借り換えには諸費用がかかりますので、諸費用以上の利息が軽減されなければ、やる意味がなくなります。

 

3. 1%以上の金利差(ダウン)が見込める方

絶対1%以上か?と言うと、そうとは限りません。

返済期間や残高によっては、1%以下の金利差でもメリットはでますので、あくまで目安です。

前記2の「残高1,000万円以上」と同じ理屈です。

今借りている金利が低い場合は、今よりも低い金利に借り換えても、あまりメリットが出ません。

 

4 金利タイプを固定金利から変動(又は期間固定)に変えたい方

これは、前記3と同じことを指してます

金利タイプを変えれば、金利は大幅に下がるためです。

 

5 その他

(1)ボーナス返済をやめたい方

(2)定年後も住宅ローンを払っている方

このその他に該当する方は、少し借り換えのハードルが高くなりますので、住宅ローン借り換えセンターにご相談下さい。

 

前記の1~4に該当する方でも、「面倒臭い」、「銀行を選んで欲しい」という方や、

自分で銀行に申し込んだが、審査が通らなかったという方もどうぞ、ご相談いただければ対応します。

 

住宅ローン借り換えセンターでは、審査に通らなかったという方からの相談は多いです。

問題点を確認し、銀行や支店を選別し、更に交渉をすることで、何件も住宅ローン審査を通してきました。

あきらめる前に、住宅ローン借り換えセンターへ!

 

 

 

このブログが役に立ったら、応援クリックをお願いします!

 ブログ村




サブコンテンツ

このページの先頭へ