【住宅ローン】借り換えで年23万円削減!

bgt


【住宅ローン】借り換えで年23万円削減!

 

住宅ローン借り換えセンターでは、下記のように色々な問い合わせがきます。

 

 ☑どこの銀行で借り換えるのが良いのか?教えて欲しい。

 ☑固定と変動のメリットとデメリットを教えて欲しい。

 ☑忙しくて銀行に行っている暇がないので、借り換え手続きをお願いしたい。

 ☑借り換えを申し込んだが断られたので、どうすれば良いか相談したい。

 ☑今、借りている銀行に金利引下げを要求したが受け入れてくれない。

 

なかでも相談が多いケースとは、

 

・自分でチャレンジしたが審査が通らなかった方

・仕事が多忙で銀行の選定や借り換え手続きの時間がない方

 

といった方々です。

 

 

今回、ご紹介する借り換え事例は、「仕事が多忙で銀行の選定や借り換え手続きの時間がない方」です。

年齢45歳、会社員、年収800万円と、与信上は全く問題のない方です。

とくかく仕事が忙しく、銀行へ行く時間が取れないとのことで相談を頂きました。

最近では、ネットでも借り換え手続きが全て完結できる銀行もありますが、恐らく、パソコンに向かっている時間もないのでしょう。

 

【ローン残高】 3,600万円

【金利】 1.95%(変動金利)

【残期間】 25年

【月々返済額】 11万円

【ボーナス返済/1回】 37万円

【年間返済総額】 186万円

【総返済額】 4,600万円

 

この金利は、今の固定金利と変わらないか、高い水準です。

お客様は、低金利への借り換えによって、月々とボーナス返済を減らしたいというニーズでした。

 

現在の変動金利の水準は、1%を切ってます。

コンマ以下の金利を競っている状況です。

ただ、最優遇金利が引き出せるのは、与信の高い優良顧客に限定されているのも実情です。

 

住宅ローン借り換えセンターでは、複数の金融機関に打診し、最も条件の良い金融機関をお客様に提案します。

では、このケースでは、借り換えによって、どのような数字に変わったか?を次に示します。

 

【ローン残高】 3,600万円 → 3,630万円 ( +30万円 

※残元本は借り換えにかかる費用をローンに組み込んだため、その分アップしてます。

【金利】 1.95%(変動) → 0.85%(保証料込)  ( ▲1.1% 

0.85%は保証料込みですので、0.2%を引いた0.60%が貸付金利です。

※団信は普通の死亡保障で、保険料は金利に含まれてます。

【残期間】 25年 → 25年

【月々返済額】 11万円 → 10万円 ( ▲1万円 

【ボーナス返済/1回】 37万円 → 3万円 ( ▲5万円 

【年間返済総額】 186万円 → 163万円 ( ▲23万円 

【総返済額】 4,630万円 → 4,090万円 ( ▲540万円 

 

結果、年間で23万円も削減できました。

総支払額では540万円の削減です。

 

現在、住宅ローン金利は過去最低水準にあります。

しかし、「面倒臭い」などを理由に、借り換えをしないままの方が非常に多くいらっしゃいます。

 

こういった情報ブログを読まれる方は、情報に敏感ですので、行動に移す方は多いです。

しかし、情報に鈍感な方は、こういった情報が目に触れないため、なかなか行動に移しません。

非常にもったいないです。

ですので、情報に鈍感な方には教えてあげて下さい。

 

 

このブログが役に立ったら、応援クリックをお願いします!

 ブログ村

サブコンテンツ

このページの先頭へ