【Q&A】住宅ローン残高を親に払ってもらう場合の贈与税回避の方法

bgt



  • にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ

↑↑もしこの記事がお役にたちましたら応援クリックをお願いいたします。↑↑

住宅ローン借り換え全般に関するご質問は
0120−55−2841
までお気軽にお電話ください。

(質問)
住宅ローンの残高が1,300万ほどあり、残りを一括で親に払ってもらい親ローンに変更するつもりですが
贈与税が非常に高いと聞きましたが、なにか贈与税を回避する方法はありませんか?

(回答)
親の財産や法定相続人の人数によりますが、相続時精算課税制度を使えば非課税(実質は税金繰り延べ)になると思います。

相続財産が多い場合は、単なる繰り延べにしかなりませんのでご注意下さい。
※詳しくは国税庁のHPを参照して下さい。

最も簡単な方法は、借りる事です。
借用証書を書面で作成し、償還表(返済予定表)を作成し、少しの金利(例えば0.5%〜1%など、現在の銀行の住宅ローン金利程度)の金利も付けて、その通り返済実績を通帳で残せば贈与ではなく貸借になります。

ここをいい加減にすると(後から証明できないと)贈与と認定される可能性もありますから注意して下さい。

※判断するのは税務署ですので、税務署に聞いてから行うのが最も確実かと思います。


サブコンテンツ

このページの先頭へ