【Q&A】親の保証人になっている間は、自分の住宅ローンの借入は難しいのでしょうか?

bgt


  • にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ

↑↑もしこの記事がお役にたちましたら応援クリックをお願いいたします。↑↑



住宅ローン借り換え全般に関するご質問は
0120−55−2841
までお気軽にお電話ください。

(質問)
都市銀行の住宅ローン審査に落ちました。
親の住宅ローンの保証人になっているのが原因でしょうか?
私、30歳 会社員 6年目
年収:395万
借入希望額:2300万
クレジットやキャッシングでの借入金はありません。

ただ、親の住宅ローンの保証人になってます。
親は53歳、自営業、借入金 1600万円(残債1300万円)
年収300万円

やはり、保証人になっている間は、自分の住宅ローンを借入する事は難しいでしょうか。

実際には両親のローン分の返済はしていません。

(回答)
都市銀行は最も審査基準が厳しいと思って下さい。
年収395万円で、他の借入金がないとすると、審査金利4%、返済期間35年、返済比率30%で試算しますと、借入可能額は2200万円となりますので、少し足りません。
審査基準は各銀行によって違いますが、前記試算はメガバンクを想定した金額です。

審査金利が低い金融機関であれば、借入可能額は増えます。
例えば、審査金利3.5%→2300万円、3%→2500万円(概算です)。
※審査金利は公開されてません(教えてくれるところもあります)。

返済比率は、年収400万円を超えると30%→35%に上がる金融機関もあります。
もし奥さんが働いていたら収入合算すれば400万円を超えます。
審査金利4%でも、返済比率が35%まであがれば、借入可能額は2600万円まで上がります。
某地銀では返済比率は一律40%(審査金利4%でも、2900万円まで借りれる)というところもあります。

もう少し審査基準の緩い金融機関(地銀・信金)で再チャレンジしてみたら如何でしょう。

地銀・信金は保証会社を使いますので、地銀→全国保証、信金→全国保証又はしんきん保証基金、ろうきん→労働者信用基金、JA→信用農協連合会などといったように、一度、保証会社で通らなかった場合は、他の保証会社を扱う金融機関でチャレンジする方法もあります。
※照会履歴が多いと印象は悪くなりますので、申込み前の事前打診が重要です。

なお、メガバンクなどは自前の保証会社を使います。
また、フラット(住宅金融支援機構)は公的機関ですので、審査基準は緩和されてます。

連帯保証人の個人情報の登録についてですが、規約上は登録する旨の同意を取りますが、実際に登録されるかというと、されないことの方が多いと思います。
連帯債務者なら登録されると思います。

この情報のみでは、親の保証人であることが否決理由かどうかはわかりません。
親の住宅ローンと同じ金融機関なら通らないでしょうけど、質問者さんの個人信用情報に問題がないのであれば、他の金融機関ならチャンスはあるのではないでしょうか。


サブコンテンツ

このページの先頭へ