わたしの住宅ローンは適正だろうか?

bgt


わたしの住宅ローンの適正だろうか?

 

 

今のわたしの住宅ローンは、適正だろうか?

これは素朴な疑問です。

悩みではありません。

 

☑毎月の返済が苦しいとか・・・

☑期間が長くて自分の年齢を考えると完済が心配だとか・・・

☑病気になってしまって今後どうしようとか・・・

これが悩みです。

(悩みのある方は、今すぐご相談下さい)

 

ここまで深刻ではなくとも、

☑現在の返済額や金利は適正か?

☑定年までに完済できるか?

☑今の団信で保証は十分か?

などと疑問に思われたことは、ありませんか?

 

深刻な悩みは、すぐには解決できません。

しかし、この程度の素朴な疑問でしたら、住宅ローン借り換えセンターにお問い合わせいただければ、すぐに解消します。

 

 

例えば・・・

☑残高 1,800万円 

☑金利 1.275%(変動)

☑残期間  17年

☑月支払額 93,000円

☑利息総額 210万円

の方を例に説明します。

 

変動金利0.775%(金利差▲0.5%)で借り換えた場合、メリットが出るか?を試算してみます。

 

借り換えた場合のメリット(利息の減額)は、78万円になります。

 

ですが・・・

借り換えには、諸費用が必要です。

主なものとして、

☑融資事務手数料

☑保証料

☑登記費用

などがあります。

 

この方の場合、借り換えにかかる費用は、50万円から80万円ほど必要です。

(保証料を金利にのせるか元本にのせるかで変わります)

(選択する金融機関によって諸費用はかわります)

 

この方の例でみると、費用倒れになる可能性があり、借り換えの効果は期待できません。

結果として、今のまま何もしなくてもて良い、適正なローンであるという診断結果になります。

 

この辺りが、借り換えすべきかどうかのボーダーラインであるとも言えます。

一般的には、金利差が1%以上あると、メリットが出やすいです。

金利差が1%なくとも、ローン残高がもっと大きかったり、残りの返済期間が長いと、借り換えのメリットは出る場合もあります。

 

住宅ローン借り換えセンターでは、この借り換え診断を一枚のシートにまとめて、無料で提供しています。

一目でメリットが判り、疑問が解けます。

一度このシートを見て頂ければ、すぐ納得され、安心されると思います。

 

また、今後状況が変わって金利の変動があったとか、繰り上げ返済をしたらどうなるのかとか、疑問は常に出てきます。

疑問や不安が出てきましたら、すぐ住宅ローン借り換えセンターにご連絡下さい。

お待ちしております。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ