フラット35 金利 最低更新!

bgt


フラット35 金利 最低更新!

 

昨今の長期金利の低下を受け、住宅金融支援機構は、9月の住宅ローン「フラット35」の金利を過去最低に引き下げました。

返済期間が21年から35年以下の金利は、1.66%と2ヵ月連続で過去最低を更新中。

返済期間が20年以下の金利は、1.38%とこちらも過去最低を更新。

 

メガバンクが10年固定金利1.2%に引き下げました。

フラット35の20年以下は、1.38%(最も低い金融機関の場合)と、その差は0.18%です。

 

ただし、民間の金融機関は団体信用生命保険料は金利に含まれてますが、フラット35別払いです。

例えば、3,000万円借りた場合、年間で約10万円かかり、しかも、一括払いです。

※クレジットを使った分割払いもあります。また、残高に比例し、毎年、保険料は減っていきます。

 

ですので、フラット35の金利が最低の1.38%とすると、団信保険料はざっとですが+0.3%と考えて計算します。

1.38%+0.3%=1.68%という意味です。

ただし、フラット35は保証料がかかりません。

民間の金融機関のほとんどは、保証料がかかりますので、適用金利+0.2%と考えて計算します。

10年固定金利が1.2%だとしたら、+0.2%=1.4%になります(保証料必要な場合)。

 

余談ですが・・・

フラット35というローンは、金融機関が窓口になり、住宅金融支援機構が債権を買い取るローンです。

金利は窓口となる金融機関によって違います

金利の上乗せ(儲け)が金融機関によって違うからです。

それ以外の費用として、別途、事務手数料2.16%を取る金融機関もあります。

 

いろいろと比較検討して決める必要があります。




フラット35金利、最低更新 1.66%に
2014/9/1 日本経済新聞

住宅金融支援機構は1日、長期固定金利の住宅ローン「フラット35」の9月の適用金利を発表した。
主力の返済期間35年以下(融資率9割以下)は、取扱金融機関の最低金利が前月より0.03%低い1.66%となり、2カ月連続で過去最低を更新した。
返済期間20年以下(同)の最低金利も0.03%下がり、1.38%と過去最低になった。
指標となる長期金利が0.5%を切る水準で推移しているためだ。
民間銀行も相次ぎ、住宅ローン金利の引き下げに動いている。

このブログが役に立ったら、応援クリックをお願いします!
 ブログ村
住まいるブログ
人気ブログランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ