中古物件を購入してリフォーム工事をする際の注意点!

bgt


住宅ローン診断士の大塚です。
 
 
 
 
 
 
本日は中古物件を購入してリフォーム工事をする際の注意点をお話ししようと思います。
 
 
 
 
 
 
先日の記事で書きましたが、リフォームローンを住宅ローンに乗せて借り換えを行う方が増えてきています。
 
 
 
 
 
 
 
それは、リフォームローンの方が利率が高く、年数が短いためです。
 
 
 
 
 
一本化する事で月々の負担が大きく削減でき、総額も減らす事ができます。
 
 
 
 
 
 
 
ということは中古物件を購入し、リフォームする時に
リフォーム工事も住宅ローンに乗せた状態でローンを組む事がベストですよね!
 
 
 
 
 
 
 
リフォーム工事が融資完了後に始まると
 
 
 
 
 
 
リフォーム工事が住宅ローンに乗せられない金融機関があります。
 
 
 
 
 
 
 
その場合は、融資前までにリフォーム工事を完了させておく必要がございますね
 
 
 
 
 
 
マンションのリフォームはフルリノベーションではない限り、そこまで日数がかかりませんので
 
 
 
 
 
 
良い物件に出会え、内見が完了したら即座にリフォーム業者を手配する事も大事ですね
 
 
 
 
中には融資実行後の着工でも住宅ローンに含めることが出来る金融機関もあります。
 
 
 
 
その辺りの確認をして審査に進むことも大事ですね!!
サブコンテンツ

このページの先頭へ