住宅ローン借り換えで想定差益1,028万円、月々37,000円の削減に成功!

bgt



住宅ローン借り換え相談無料

今回も、住宅ローン借り換えの
実際ご対応させていただいた事例についてご紹介します。

住宅ローン借り換え代行についての問い合わせは0120-55-2841まで

前回の案件事例はこちら↓

離婚後、妻が元夫から、自宅買取資金の住宅ローン借り入れに成功!

 

今回は、ローン借換差益が1,000万円以上の方のご紹介になります。

埼玉県に住む相談者村山さん(仮名)より
住宅ローン借り換えセンターに低金利の住宅ローンに借り換えたいという相談がありました。

(お客様の状況)

☑村山さんは現在33歳(独身)、会社員、年収500万円、勤続10年、自宅は築9年の区分所有。
☑現在の住宅ローンは、残高2,300万円、ローン残期間27年、利率3.6%、月々9万円、ボーナス返済25万円。

(相談内容)

☑仕事が忙しく、銀行に行っている時間がないので、銀行の選別や手続きについて任せたい。
☑現在、3.6%の固定金利で借りているが目一杯下げたい。
☑固定金利と変動金利のそれぞれのメリットとデメリットを教えて欲しい。
☑借り換えにかかる諸費用(コンサル料含む)は現金持ち出しなしでお願いしたい。
☑特にリフォームなどのニーズはない。

(問題点)

☑借り換えに関する与信については特に問題点はなし。
☑借り換えにかかる諸費用のうち住宅ローン借り換えセンターのコンサルティング費用の捻出方法について検討を要す。

(住宅ローン診断士のご対応)

☑固定金利と変動金利のそれぞれのメリットとデメリットを説明。
☑繰上げ返済をしながら、少しでも早く元金を減らしたいとのニーズだったので変動金利を提案。
☑銀行選別については、複数の金融機関に打診し提案。
☑リフォームニーズはないとのことだったので、省エネ効果の高い最新の家電製品(エアコン)とその設置工事を提案(コンサルティング費用は無料)。

(結果)

☑固定金利3.6%を変動金利0.775%の住宅ローンの借り換えに成功。
(→借り換え想定差益1,028万円、月々37,000円の削減)
☑借り換えにかかる諸費用について、現金の持ち出しは全くなしで実行することに成功。
☑省エネ効果の高い最新のエアコンを設置したことで電気代削減にも貢献。

住宅ローン借り換え差益1,028万円

サブコンテンツ

このページの先頭へ