住宅ローン固定金利はまだ下がるか?超長期債利回り低下!

bgt



  • にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ

↑↑もしこの記事がお役にたちましたら応援クリックをお願いいたします。↑↑

最低金利への住宅ローン借り換え無料相談ダイヤル
0120−55−2841

2014年7月18日、ロイター記事によりますと、超長期債利回りが低下しているそうです。10年債を買っていた投資家が高い利回りを求め、20年債を買う動きがあるようです。住宅ローン金利は10年物国債の利回りと連動すると言われております。金利動向をさぐるため、国債の利回りの動きに今後も注目したいと思います。

〔ロイター、金利マーケットアイより抜粋〕

<09:44> 超長期債利回り低下、20年債2013年4月10日以来の低水準

超長期ゾーン利回りに強い低下圧力。足元の20年149回債利回りは前営業日比4bp低下の1.350%と2013年4月10日以来の低水準となった。30年43回債利回りも同5.5bp低下の1.610%と2月17日以来の水準に低下している。市場では「前日に実施された日銀の国債買い入れオペで残存25年超の結果が強めとなり、超長期ゾーンの需給の改善傾向が明らかになったことが影響している。20年債と30年債のスプレッドを意識した買いに加え、アクティブ運用からのスティープ化に対する巻き戻し引き続きみられる」(国内証券)との声が聞かれた。
10年最長期国債利回り(長期金利)は2013年4月9日以来の0.510%に低下。日経平均株価が大幅安になっていることなどが材料視されている。

<09:02> 国債先物は逃避買いで続伸、長期金利0.520%に低下

長期国債先物は続伸で始まる。9月限の寄り付きは前営業日比12銭高の146円05銭と日中取引で中心限月として2013年4月5日以来となる146円台に乗せた。17日の米債市場では、マレーシア航空の旅客機がウクライナ東部上空で撃墜されたとのニュースを受けて、米10年債利回りは2.4%台と大幅に低下した。市場では「逃避買いによる米債高の流れを引き継ぎ短期筋が買い進んでいる。外為市場での円高や株安となっていることも円債市場には追い風」(国内証券)との指摘がみられた。
10年最長期国債利回り(長期金利)は2013年4月9日以来の0.520%に低下している。

<08:33> 翌日物0.065─0.067%近辺、大手行0.065%出合い

無担保コール翌日物は0.065─0.067%近辺で取引されている。主な取り手は、信託、地銀で、大手行は0.065%で出合っている。市場では「3連休を控えた資金需要から強含みで始まっている」(国内金融機関)との声が聞かれた。

日銀によると、朝方の金融調節を見送った場合、当座預金残高は153兆円程度、準備預金残高は117兆2000億円程度となる見込み。

<07:15> 翌日物0.06%台前半か、当預残153兆円見込み

無担保コール翌日物は0.06%台前半を中心に取引されそうだ。18日は資金需給は財政要因などで不足地合いになる見込みだが、大きく当座預金残高が減ることはないとみられている。市場では「朝方は3連休を控えた資金需要から若干強含む場面もありそうだが、取り一巡後は0.06%台前半で落ち着いた取引になりそうだ」(国内金融機関)との指摘がみられた。

17日の加重平均金利(速報ベース)は、前営業日比変わらずの0.065%となった。

日銀が朝方の金融調節を見送った場合、当座預金残高は17日に比べて4000億円減の153兆円程度となる見込み。残り所要積立額は1兆4300億円。

7月14日、日本国債の利回りが、量的質的金融緩和(QQE)のスタートした2013年4月ごろの水準に低下している。写真は日銀本店で2013年2月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

7月14日、日本国債の利回りが、量的質的金融緩和(QQE)のスタートした2013年4月ごろの水準に低下している。写真は日銀本店で2013年2月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)


サブコンテンツ

このページの先頭へ