借り換えで【教育費】捻出への挑戦 ≪後篇≫

bgt


借り換えで【教育費】捻出への挑戦 ≪前篇≫の続きです。

≪前篇≫からご覧になる方はこちら

 

①収入合算100%

②期間伸長

③既存のソーラーローンの借り換え

④全ての諸費用のローン上乗せ(当センター費用含む)

以上4つの条件を満たす金融機関を探すというところからの続きです。

 

A夫妻の所在地の住宅ローンを取り扱う金融機関は、約20行です。

全国対応可能なメガバンクやネット系銀行も含めた数です。

リサーチの結果、上記4つを満たす候補金融機関は、たったの1行しかありませんでした。

 

その1行で審査が通ったとしても、金利が高くては意味がありません。

しかし、候補が1行のみですと、競争原理が働きませんので、条件交渉がやりにくいです。

 

それでも、まずは審査を通さなければ、条件交渉もできません。

ですので、当センターで事前打診した後、融資の申込み手続きを進めました。

 

審査の結果は、

☑住宅ローンは4年間の期間伸長OK

☑ソーラーローンは住宅ローンと同じ金利でOK

☑ソーラーローンは約5年間の期間伸長(住宅ローンと同じ期間)OK

という当センターが立案したプラン通りの結果が得られました。

 

そして最後に、金利です。

交渉の結果、提示があった金利は、0.875%(変動金利)です。

店舗型銀行では、悪くはない水準です。

 

ここまできたら、更に目一杯下げて貰おうということで、もう一押しの金利交渉をしました。

(この方法は企業秘密です)

 

その結果、0.68%というネット系銀行にも引けを取らない金利になりました。

※常にこの金利が出せる訳ではありません。

 

以上の結果、当初月額▲1万円程度の減額だったものが、

月額▲6万円、年間▲74万円までの減額に成功しました!

 

詳細はつぎの通りです。

 

借り換えケーススタディ

 

A夫妻のようなケースで、例えば自分で借り換え手続きを行ったとします。

しかし、収入合算100%の金融機関にたどり着かない限り、永遠に審査が通りません

また、仮にたどり着いたとしても、普通の借り換えですので、月額▲1万円しか減額できません。

 

しかし、住宅ローン借り換えセンターにご依頼いただいたことで、月額▲6万円も減額できました。

返済期間を伸ばしますと、その分、利息が増えます。

借り換えや当センターの費用もかかります。

しかし、それでも本件は総額▲110万円の減額となってます。

しかも、A夫妻は、1円も現金出費はしておりません。

子供の教育費としても、満足いただける金額だと思います。

 

住宅ローン借り換えセンターに依頼した場合と、

自分で手続きした場合とで、

何がどう違うのか?どう変わるのか?

がよくわかるケースだと思いまして、ご紹介させていただきました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ