借り換えで月々▲5万円!?

bgt


借り換えで月々▲5万円!

 

 

住宅ローン借り換えセンターには色々なお客様の相談がよせられます。

☑ 借り換えすべきか?診断して欲しい

☑ 固定と変動のどちらにした方が良いか?助言して欲しい

☑ 時間がないので、借り換え手続きを代行して欲しい

などなど・・・

 

診断結果を聞いて、当センターに手続きを依頼される方も多いですが、

時間に余裕がある方は、ご自分で銀行に申し込む方もおります。

ご自分で銀行に申し込んで、審査が通らなかったと、改めてご相談に来る方もおります。

 

新規で借りる時は審査が通ったのに、なぜ、借り換え審査に落ちる方が多いのでしょうか?

住宅ローン以外にも、生活には色々なお金がかかります。

・リフォーム工事をすればリフォームローン

・自動車を買えばマイカーローン

・家計を補填するためのカードローン

など、住宅購入時にはなかったローンが増えている場合、借り換え審査に影響します。

 

住宅ローン審査は、年収の30%~35%以内に、全てのローンの支払額が収まっていなければなりません。

ですので、住宅ローン以外のローンの支払いが多いと、審査に落ちてしまいます。

 

こういったケースの場合、住宅ローン借り換えセンターでは、どのように対応するのか?

少しノウハウを公開します。

 

まず、住宅ローン以外のローンの明細を全てチェックします。

で、先に住宅ローン以外のローンの借り換えを行い、返済額を落とします。

必要により、返済期間を延ばせるローンを利用するなどにより、キャッシュフローを改善します。

 

これにより、年収の30%~35%の範囲に月々支払額を落すことで、

住宅ローンの借り換え審査を通します。

 

実際に、先日、借り換えをお手伝いさせて頂いたお客様のケースでは、

①自動車ローンを低金利に借り換え

②複数のカードローンを別のカードローンに1本化(返済期間も延長)

③住宅ローンを低金利に借り換え

の3段階で審査を通しました。

 

結果、住宅ローンとそれ以外のローンで、総額月々17万円払っていたのが、

月々12万円に落ち、月額▲5万円のキャッシュフローの改善に成功しました。

※浮いた5万円は、繰上げ返済用に、積み立てして頂くよう助言させて頂きました。

 

このように、住宅ローンだけでなく、他のローンの見直しも行った方が、

より家計コストの削減効果が大きくなります。

 

住宅ローン借り換えセンターでは、更にもう一歩進めようと、住宅ローン以外に・・・

☑ 他のローンの見直し

☑ 生命保険料の見直し

☑ 火災保険料の見直し

☑ 電気料金の見直し

☑ 携帯電話料金の見直し

など、家計コスト全般の見直しを準備中です。

 

電気料金については、現時点では、契約プランの見直しに限定されてます。

しかし、来年4月から電力会社も自由に選べるようになります。

これらのサービスを展開する企業と連携するなどして、サービス提供したいと考えてます。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ