数千万円の建て替えは環境破壊の源!??

bgt


 

12月より入社しましたJMPパートナーズ大塚です。

 

なぜこのようなタイトルにしたかと言いますと、

 

私実は、、、、

 

前職が、、、、、、

 

リフォーム業でした!

だから?

 

と思ったそこのあなた!!

 

リフォーム業者なんて大工じゃないんだから何が分かるんだ!

 

そんな声が画面越しに聞こえてきます。。。(笑)

 

しかし、リフォーム会社だから言える、

 

大工さんや、ハウスメーカーではぶっちゃけられないことを数多く知っています。

 

 

みなさんは、

日本の木造家屋の平均寿命をご存知ですか?

 

約30年と言われています。

 

しかし、欧米では50年~60年

 

北欧では、70年から80年なのです!!

 

ではこの差は何か。

 

それは、、、

 

定期的な点検メンテナンスの差が大きいと思います。

 

日本には、住宅を次の世代へ受け継ぐ文化がありません。

 

決してダメとは言いません。

 

しかし、

 

苗木を植え、家屋に使用できる材木になるまでになんと、、、

 

約50年かかるのです!!

 

これでは30年で立て替えてしまうと当然環境破壊につながりますよね。。。

 

今現在、木造住宅は少なくなってきてはいますが、全体の約6割が木造住宅です。

 

この6割の住宅が立て替えたらと考えるだけでゾッとします。。。

なので、今あるモノを大切にし、長持ちさせましょう!ということでリフォーム業があるのです。

 

では、どうしたら数千万円の費用が掛かる建て替えをせずに済むのか、、、

 

それは、、、、、

 

”毎年しっかりと点検をして、メンテナンスをしていき、ひどくなる前にしっかりとリフォームをしてあげること”

 

これだけです。

 

簡単なことかもしれませんが、意外と出来ていないと思います。。。

 

では、具体的な点検とは?メンテナンスとは?

 

それに関しては次回記事にしようと思います。

 

リフォームに関することで私が入社して驚いたことがあります。

 

それは、、、

 

リフォームローンを住宅ローンとして借り換え時に組み込むことが可能なのです!!!!

 

こんな裏技のようなこと、リフォーム業をしていた頃は全く知りませんでしたので衝撃的でした。(笑)

 

今回はこの辺にして、

 

次回は、上記の借り換えの事を踏まえ記事を書きたいと思います。

 

みなさんには、私のブログを通じ、住宅の豆知識を少しでも増やしていただき、もっと家を好きになってもらいたいです!

 

では、また次回お会いしましょう!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ