日銀【マイナス金利】導入決定!

bgt


日銀【マイナス金利】導入決定!

 

とうとう日本もマイナス金利を導入することになりました。

これはどういうことかと言うと、銀行の銀行である日銀の当座預金に、銀行が預金を預けておくと、金利が取られるという逆転現象です。

 

私たちが、銀行にお金を預ければ、金利が貰えるのが普通です。

銀行が日銀にお金を預けた場合も、金利が貰えるのが普通です。

ところが、銀行が日銀にお金を預けると、逆に手数料を取られてしまうという施策です。

 

銀行の収益圧迫要因になりますので、一時、金融株は売られると思います。

銀行は日銀にお金を預けると手数料を取られるので、投融資にまわさなければならなくなります。

真の狙いは為替にあると思われますが、お金が動けば経済が活性化されるという景気刺激策でもあり、デフレ心理を払拭する心理的効果を狙った面もあります。

 

現在、先進国のなかでは、欧州(ECB)ではマイナス金利を導入しております。

その結果、欧州の一部の国では、住宅ローンを借りると金利が貰えるという逆転現象が起きてます。

ですので、日本もマイナス金利を導入しないかな?と以前から本ブログでも繰り返し書いてきました。

 

そして、とうとう、日銀はマイナス金利導入を決定しました。

これで、金融緩和の出口戦略のハードルが上がるのは事実です。

住宅ローン借り換えセンターとしては、金利が低くなればなるほど、借り換えニーズが高まり、仕事が増えます。

 

変動金利は、現在、0.5%台から0.6%台が最低ラインです。

これが、0.3~0.4%台に引き下げられる可能性も出てきました。

これに引きずられるように、固定金利(フラット)も下がる可能性が高くなります。

 

さすがに、欧州のように住宅ローン金利がマイナスになることはないと思いますが、引き続き、金利の推移を見守っていきたいと思います。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ