金利が低いからといって1番安いとは限らない!?

bgt


先週も書きましたが、暑いですね、、、

 

 

 

住宅ローン診断士の大塚です。

 

 

そんな暑い暑い言ってますが

 

 

 

今週末よりセブ島へダイビングへ行ってきます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰ってきたら旅行日記書きますね!

 

 

 

さて、銀行で住宅ローンを借り入れる際に様々なお金がかかる話を前々回から書きましたが、

 

 

 

今日は保証料についてのお話です。

 

 

そもそも保証料とは、

 

 

金融機関の保証会社にお支払いするお金のことです。

 

 

 

大体が金利上乗せ、もしくは外枠払い(住宅ローンの融資額に乗せる)の2パターンです。

 

 

 

 

上記2パターンの場合、上乗せする金利で生じる金額と同等の額が外枠払いになります。

 

 

 

ですので、一概に金利が低いからといって総返済額が少なくなるというわけではないのです!!!

 

 

 

また、中には保証料無料の金融機関もごさいます。

 

 

とてもいい響きですよね?

 

 

 

ですが、そういった場合には融資事務手数料が通常の保証料と同額になるケースもございます。。。

 

 

 

なんだかんだでお金を払うことになってしまうんですね。。。。

 

 

 

しかし、中には本当に通常の融資事務手数料(2、3万円ほど)で

 

 

 

保証料無料の金融機関もごさいます。

 

 

 

金利だけで銀行を判断するのではなく、一番お得な金融機関を選ぶことが大切ですね!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ