金融機関の審査基準(不動産評価編)

bgt


皆さん

こんにちは!こんばんは!

JMPパートナーズの吉田です。

 

 

前回、前々回と金融機関の審査基準の1つ!

返済比率』についてご紹介しましたが。

 

 

今回は、金融機関の審査基準の『不動産評価』に

ついてお話して参りたいと思います。

 

 

まず、ここで言う不動産評価とは何か?

 

 

金融機関が審査時に判断する材料の1つで

金融機関が評価した現在の不動産の価値になります。

 

 

この不動産評価が審査にどう影響してくるのか?

 

 

実は・・・

 

 

ほとんどの金融機関では、住宅ローンの融資額を

金融機関が算出した『不動産評価』の200%

つまり不動産評価2倍までを上限としています。

 

 

通常、住宅ローンを組んでいる方は

所有不動産の評価額(資産)より、

住宅ローンの残債(負債)が上回っている

オーバーローン』という状況の方が多いです。

 

 

この不動産評価額(資産)と住宅ローンの残債(負債)の差が

借り換えの審査や条件等にも影響して来ます。

 

 

もちろん、不動産評価(資産)が多い方が有利に働きますし、

住宅ローンの残債(負債)の方が多いと当然、審査には不利に働きます。

 

 

そして、住宅ローンの残債(負債)不動産評価(資産)200%2倍)を超えると

住宅ローンの融資を受けることさえ難しくなってきます!

 

 

じゃあ、住宅ローンの残債や借入額が不動産評価の200%を超えていたら

金融機関からお金を借りることは絶対に融資は不可能なの??(+_+)

 

 

 

 

いえ!『絶対に不可能!!』という訳ではございません。

そんな方でも、借り換えが成功した例がございます。

 

 

 

 

では一体どんな方法を使うの??

 

 

 

 

 

 

 

・・・は次回のブログで書きますね(笑)

 

 

次回のブログテーマは

 

  • そもそも、不動産評価が不足していると、何故金融機関は融資をしないのか?
  • 不動産評価がローンの残債に比べ、著しく低い場合のデメリットは?
  • 不動産評価不足でも借り換えを行う方法

 

の3点を中心に解説して行きたいと思います!

 

 

気になった方は、ぜひ次回のブログもお読みください!

 

 

JMPパートナーズ

担当:吉田(よしだ)

サブコンテンツ

このページの先頭へ