離婚予定・離婚済の方必見‼︎ 住宅ローン名義を変更できた実例をご紹介‼︎

bgt


自転車通勤を始めて、早2週間。

 

片道13㎞の旅路。

 

ジョコビッチ選手の食事法を取り入れたかいもあって、

 

奇跡的に一年前に買った

お気に入りスーツが入るようになった

西片(にしかた)です。笑

 

 

 

さて、私西片、

雑談担当のレッテルを貼られておりますが、

今回こそは、皆様のためになるお話を。

(少々ニッチですが)

 

 

次回予告にもありましたように、

テーマは…

 

 

 離婚 × 住宅ローン

 

3組に1組は離婚しているというこの時代。

最近では、テレビを付ければ芸能人の離婚話が絶えませんよね。

(まあ、うちテレビないですけど笑)

 

 

 

 

今では夫婦共働き世帯が多く、

ご夫婦で住宅ローンを組むご家庭も増えております。

 

 

 

当然ですが、

ご主人様お一人のご年収でローンを組むより、

奥様のご年収を合算したほうが、

借りられる金額が多くなります。

(イイ家が買えます)

高けりゃいいってもんじゃないですが笑

 

 

住宅購入は人生に1度の一大イベント!

イイ家に住みたくて、ご夫婦で収入合算するのも無理はないと思います。

 

 

 

 

ただ、人生何があるかわかりません。

 

ご夫婦で住宅ローンを組んでも、

色々な原因で離婚をされてしまうことはありますよね。。。

 

 

 

本当に心中お察しいたします。。。

 

 

 

住宅ローン借り換えセンターにもよく、

離婚に伴った住宅ローン相談を頂きます。

 

 

離婚に伴ったご相談は非常に難易度が高く、

当センターでも実際に問題解決できた事例を一つご紹介させて頂きます!

 

 

 

★無料相談はこちらから★

 

【概要】

性別

男性

債務関係

奥様と連帯債務

ご年齢

45歳

不動産持ち分

奥様と2分の1ずつ

ご住所

東京都

状態

離婚協議中

ご年収

500万円

問題点

現在の銀行に断られた

 

 

 

 

 

東京都在住の45歳会社員のお客様。

 

 

 

協議離婚されるにあたり、

奥様と「連帯債務」で組んだローンの処理がネックとなり、

協議が進んでいないということでした。

 

また協議書の作成や公正証書化にあたって、

弁護士さんに相談している最中ということでした。

 

 

 

それでは、お客様が実際に取られた行動を

流れに沿って見てみましょう!

 

 

 

【STEP1】

5月 弁護士に相談

 

まずは、弁護士さんに相談に。

(自然な流れかもしれませんね。)

 

・不動産の持ち分(所有権)

・ローン名義

 

を一本化したいと相談したお客様

 

不動産持ち分(所有権)に関しては、

「財産分与」という具体的な解決方法を提示頂いたとのこと。

 

しかし、ローン名義に関しては、

「専門ではないので、現在借りている銀行に相談に行ってみて下さい」

とのことでした。

 

 

 

意外ですよね。

 

 

 

弁護士さんはあくまで法律の専門家。

ローンの専門家ではありません。

 

中にはローンの部分までケアできる弁護士さんもいらっしゃると思いますが、

ローンにまで精通した弁護士さんを見つけるのはかなり大変でしょう。。。

 

 

そうなる前に‼

↓無料相談はこちらから↓

 

 

【STEP2】

6月  現在借りている銀行に相談

 

お仕事が忙しく、中々平日休みが取れなかったお客様。

やっと6月に現在借りているメガバンクMに相談に。

 

 

(安心して下さい、3メガバンクのイニシャルはすべてMです笑)

 

 

 

事前にお電話で銀行に概要を伝え、

窓口に足を運んだお客様。

 

 

 

窓口で改めて、

奥様分のローン名義をご主人に一本化したいと伝えると…

 

 

 

「行内で協議したのですが、、、

 

やはり、当行では債務者名義変更はできません。

 

元々の契約がありますので、債務者の人数を減らすことできないです。

 

 

他の銀行さんに借り換えの相談に行かれてみてはいかがですか?」

 

 

 

ということ。

 

 

 

初めから言ってください(-.-)

 

 

 

率直にそう思われたそうです。

 

 

 

それはそうですよね。

わざわざお休みまで取っていらっしゃるわけですから。

 

 

 

ただ、銀行さんもお客様の事情が事情だけに、

電話だけで断るような無碍な対応ができなかったでしょうね。。。

 

 

 

 

そうなる前に‼

↓無料相談はこちらから↓

 

 

【STEP3】

7月  他行に借り換えの相談に

 

 

現在借りている銀行のアドバイス通り、

他行への借り換えによって、名義変更を検討されたお客様。

 

ご自宅近くの中心に銀行複数行に対して、

お仕事の合間を縫って、

お電話で相談されたそうです。

 

 

 

 

【信用金庫J】

 

お客様:「あの~離婚することになって、住宅ローンの名義が分かれているので、

私に一本化したいですけど、そんなご相談はできますか?」

 

担当者:「当行では、名義の一本化はできないですよ。申し訳ございません。」

 

(やっぱり難しいのか)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【メガバンクM】

 

お客様:「もしもし…離婚に伴って、ローンの名義を一本化したいですけど…。」

 

担当者:「当行では、そのような対応はでき兼ねますので、申し訳ございません。」

 

 

(はぁ、もう電話するのいやだな、、、)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ネット系銀行S】

 

お客様:「あ、もしもし。かなり厳しいかもしれないですけど、

今妻と共有でローンを組んでいまして、離婚することになったので、

私の名義でローンを一本化したいですけど…。可能ですか?」

 

コールセンター担当者

「当行の商品構成上、そのようなお借り換えはでき兼ねます。申し訳ございません。」

 

 

(もう名義変更は諦めて、売却でもしようかな)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

とうとう行き詰ったお客様。

 

 

 

 

後日談ですが、この時点でかなりブルーになっており、仕事も手につかなかったとのこと。

 

 

それもそうですよね。

 

 

離婚でタダでさえ体力を使うのに、

 

 

今借りている銀行にも冷たくされ。

他行に相談するたびに冷たくされ。

 

 

気が付けば8月に。

弁護士さんに相談してから早3ヶ月

 

未だにローン名義変更の件は、

何も進んでいないのですから。。。

 

 

そうなる前に‼

↓無料相談はこちらから↓

 

 

【STEP4】

8月 たまたま、住宅ローン借り換えセンターのHPへたどり着く

 

 

もう完全に諦めていたお客様。

 

 

インターネットで離婚と住宅ローンに関して調べている最中、

 

 

たまたま当住宅ローン借り換えセンターの無料相談ページを発見。

 

 

 

半信半疑ながらも、最後の期待を込めて

「無料相談」のお申込みをして頂いたとのことでした。

 

 

 

結論から言うと、

こちらのお客様は、

当センターにご相談頂いたことで、

 

☑ 0.575%

☑ 疾病付き団信込

☑ 自己資金0円

 

 

の好条件でローンと所有権の一本化ができ、大変ご満足頂きました。

私も自分のことのように嬉しかったです。

 

 

具体的なbefore after はまた次回にすることとして。。。

 

 

 

 

一連の流れ、いかがでしたでしょうか?!

 

 

 

かなり面倒な印象を受けたのではないでしょうか?

 

 

 

実際自分で動かれたお客様は

もっと面倒だったと思います。笑

 

 

 

本当に時間が勿体無い‼︎

 

 

 

皆様お忙しいのですから、

その時間と労力をもっと別のことに使って頂きたい‼︎

 

 

 

早い段階で当センターにご相談頂いていれば、

もっと、

スムーズに進んでいたことと思います( ̄^ ̄)

 

 

 

離婚に伴ったローン名義や不動産名義の変更等々、

 

 

 

難易度の高いご相談も

住宅ローン借り換えセンターにお任せ下さいね‼

 

 

 

次回は

こちらのお客様の【借り換え結果】について

詳しく解説いたします♪

 

 

 

 

JMPパートナーズ

取締役 西片圭佑

サブコンテンツ

このページの先頭へ