離婚時の住宅ローン対策①

bgt


JMPパートナーズの望月です。

当社で新しく離婚に絡んだ住宅ローンの処理を専門に行う

離婚・住宅ローン対策センターを開設しました。

 

 

オープン記念として、【離婚時の住宅ローン対策】というタイトルで

電子書籍をアマゾンで出版しました。

Kindle版は無料ということもあり、なかなか読まれているようです。

 

 

 

JMPパートナーズは、創業当初から住宅ローンの借り換えに特化した

住宅ローン借り換えセンターを運営して参りました。

日銀の大規模な金融緩和を追い風に、

借り換え特化型の珍しいビジネスモデルとして

事業を開始し、既に5年が経過しました。

 

 

その間、多くのお客様から借り換えのご相談を頂きました。

その中で、離婚に絡んだ住宅ローンの借り換えの相談が徐々に増えてきました。

ただ、あまりにも難易度が高く、当初はお断りしていました。

 

 

そもそも、住宅ローンとは、マイホームを購入する為のローン商品です。

離婚の際の財産分与として、名義を1人に寄せる為のローンではありません。

ですので、金融機関も「できません」「前例がありません」と言います。

 

 

 

しかし、その後も相談がポツポツと継続的に来ました。

いろいろな専門家に相談しても

「売却するしかないです」

と言われ、色々とWEBサイトを調べまくり、最後の最後に、

藁をもつかむ思いで住宅ローン借り換えセンターに辿り着いて

ダメ元で相談に来た、といった方が多かったです。

 

 

 

これはもう当社で何とかするしかないな!

と考え、離婚に絡んだ住宅ローンの名義変更に関して金融機関と交渉を重ねてきました。

ようやく、例外ですが取り扱ってくれる金融機関が出始めました。

今までにも何件も実績を上げて参りました。

 

 

ようやく情報やノウハウも蓄積されてきましたので、

離婚に絡んだ住宅ローン問題を専門に取り扱う

離婚・住宅ローン対策センターを立ち上げるに至りました。

 

 

 

検索サイトで「離婚 住宅ローン」検索しても、上位に表示されるのは

不動産会社による任意売却の宣伝やホームページばかりです。

あと、離婚調停や訴訟を取り扱う弁護士事務所も表示されます。

 

 

 

しかし、相談者多くは

家を売らずに住み続ける為にはどうしたら良いか?

の答えを求めています。

顧客ニーズとのミスマッチが起きているわけです。

 

 

なお、任売専門の不動産会社でも、

住宅ローンの組成に取り組む会社もあるようです。

ただ、不動産会社ですから、「売ってなんぼ」の業界です。

ですので、どこまで本気に住宅ローンに取り組んでくれるかは不明です。

 

 

住宅ローン審査に通りませんでしたので、

「やっぱり売りましょう!」

なんてことになったら大変です。

 

 

 

その点、離婚・住宅ローン対策センターは、

住宅ローンの専門家が運営してますので、

基本的に売却という選択肢は考えません。

あくまで住宅ローンにこだわります。

 

 

繰り返しになりますが、

離婚・住宅ローン対策センターが提供するサービスは

 

離婚・住宅ローン = 任意売却 ではありません。

離婚・住宅ローン = 名義1本化 = 住み続ける

 

その為の方法を提案しゴールに導くコンサルティング会社です。

 

 

離婚時の住宅ローンでお悩みの方はぜひご相談下さい。

 

 

離婚・住宅ローン対策センター

 

 

 

お電話でのお問い合わせは↓

0120‐66‐2851

サブコンテンツ

このページの先頭へ