Q&A:住宅ローンで3000万借りられますか?

bgt


住宅ローン借り換えセンターの望月です。

Yahoo知恵袋にて、住宅ローン関連の相談に関して

専門家の立場から意見を投稿させて頂きました。

 

 

似たような問題でお悩みの方もいらっしゃるかと思いますので

専門家としての回答として参考になるかと思いまして

以下に引用させて頂きます。

ベストアンサーに選ばれてます。

以下はYahoo知恵袋の質問に対し、私(筆者)が回答させて頂いた内容になります。

Yahoo知恵袋の利用規約及び一般的な引用ルールに沿って引用しておりますが、万が一、質問等の投稿者本人が引用を希望しない場合は当社にお問い合わせ頂ければ速やかに削除致します。

 

金融機関によって、借入可能額は大きく変わります。

驚くことに、1,000万円以上も融資額が変わる場合があります。

これは審査基準の違いからくる差です。

 

 

具体的な計算方法は、住宅ローンを含む全てのローンの年間の返済額が

年収の30%~35%以内に収まるか?です。

この30%~35%の数字のことを返済比率(返済負担率)といいます。

金融機関によって、また、年収額によってこの比率が変動します。

 

 

次に、ご主人の年収に奥様の年収を合算することができます。

奥様の年収×50%~100%を合算できます。

これを収入合算といいます。

金融機関によって合算率が変わります。

 

 

次に、審査する際に使用する金利です。

何%の金利で借りたとして、返済比率におさまるか?という計算をします。

これを審査金利といいます。

この審査金利が借入可能額に与える影響が最も大きく、かつ、金融機関によって開きがあります。

0.7%前後~4%前後まで、金融機関によって設定が違います。

 

 

これ以外にも細かい違いはあります。

クレジットカードを持っていた場合、基本的に利用してなくとも

限度額100万円のかーどなら、100万円使っているものとして計算されます。

仮に100万円の限度額の場合、年間返済額の計算において

18万円~24万円として計算される、といったような金額の幅があります。

 

 

 

こういった要素を組み合わせ、融資可能額が計算されます。

住宅ローン借り換えセンター、住宅ローン審査対策センターでは

金融機関別におおよその審査基準を把握しており、これが強みの一つです。

 

 

どこの金融機関なら、いくらまで借りられるといった予想が事前にわかります。

クレジットカードの限度額を引き下げたり、カードローンを借り換えたりすることでも

借入可能額が増えたり減ったりします。

 

 

 

新規に住宅購入する際に、希望額に満たない場合は、

ご依頼いただければ希望額まで融資可能な金融機関を探します。

ただし、借入可能額と返済可能額は違いますのでご注意ください。

 

 

 

 

この記事を読んで「なるほど」と思ったら

下記2つのバナーをクリックしてください↓

にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ

 

WEBでのお問い合わせは↓

 

住宅ローン借り換えセンター

 

離婚・住宅ローン対策センター

 

 

 

アパートローン相談センター

 

 

 

返済に困ったら 住宅ローン再生センター

 

 

 

お電話でのお問い合わせは↓

0120‐55‐2841

サブコンテンツ

このページの先頭へ