専門家が選ぶ【住宅ローン】ベスト3(変動金利)

bgt


情報収集分析のエキスパート

JMPパートナーズの吉田です。

 

 

私は皆さんに住宅ローンの

・金利

・金融商品

・審査基準

などの情報を発信して行きたいと思います(*’▽’)

 

 

なんと、今回のブログ含め

 火・水・木

三日間連続でUPさせて頂きます!

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、お見逃しなく!

 

 

 

三日連続投稿の一日目は!

メガバンクおよびネット銀行などの

金利の動向について書かせて頂きます!

 

 

 

年度も変わりましたね。

さて、住宅ローンの金利は

どういった動きを見せたでしょうか!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論は、ほとんど横ばいでございます。

 

 

変動金利はほとんど変わってません。

 

 

期間固定長期固定については

若干、上下しているところもありますが

こちらもほとんど変わってません。

 

 

 

では、それらを踏まえ、4月現在において

情報分析の専門家であるが選ぶ

 

自信を持っておすすめする

金融機関 ベスト3

 

をご案内したいと思います。

 

 

 

**************

 専門家が選ぶ

【住宅ローン】ベスト3

(変動金利)

**************

 

★第1位 じぶん銀行★ 0.457%

 

 

 

 

 

じぶん銀行を1位に選んだ理由は

何と言っても金利の低さガン団信です。

 

ガン診断されたとき

残高の50%分の保険金が下りる

というがん団信が無料

付いているのが最大の魅力です!

 

 

そして金利も、業界最低水準で

最安の住信SBIネット銀行と比べても

大差ありません。

 

 

10年固定の商品も非常に優れてます。

 

ただし、10年超の固定金利の商品は

他金融機関と比べて割高なので

これはおすすめしません。

 

 

 

★第2位 りそな銀行★ 0.440%

 

 

 

さて、りそな銀行のストロングポイントは?

 

実店舗が存在するという事ですね!

金利はいわずもがな、最低水準の金利です。

 

ネット銀行は実店舗を持たないので

対面無しで電話とメールと郵送で

やりとりをするところがほとんどです。

 

 

これはこれで良い面も、もちろんあります。

 

不便なのは、不明な点を聞く際や

書類への記入をして不備があったとき

再度、書類が返送されてきたりします。

 

 

えっ! またやり直し???

これが、かなり面倒で不便です。

 

 

書類記入など、不備なく間違いなく完了できる方は

条件の良いネット銀行を選択しても良いです。

しかし、慣れている方なんてまずいないでしょう。

 

その点、店舗を持つりそな銀行の強みがあります!

 

 

 

★第3位 住信SBIネット銀行★ 0.439%

 

 

一番の魅力は、なんと言っても

金利がもっとも低い

という点です!

 

他には、八大疾病(就業不能)団信

無料で付いているところですね!

 

ただ、保証内容としては物足りなさを感じます。

ここが1位のじぶん銀行との勝敗を分けるポイントです。

 

 

八大疾病が無料で付いてますから

死亡や高度障害の通常団信と比較したら

優れてはいますけど。

 

 

総合的にみて、金利の低さと併せて考えると

非常に条件の良い金融機関となりますね!

 

 

*************************

 

皆さん、どうでしたか?

ネット系の金融機関やりそな銀行の変動金利は

今は平均的に0.4%台で非常に低いです!

 

 

でも、やはり変動金利ですから

将来、上昇する不安やリスクはあります。

金利上昇の足音/住宅ローン借り換えセンター

 

 

 

 

 

 

 

では、変動金利を選ぶ場合のポイントは何でしょうか?

どういった方変動金利選択すべきなのでしょうか?

ポイント3点を簡単に解説します。

 

 

 

★既に住宅ローンを変動金利で借りている方!

当然と言えば当然ですね。

 

同じ変動金利ですから

今の低い金利を選んでも

リスクは今と何ら変わりませんから。

 

 

★返済期間が短い方

残りの返済期間が20年以下

が一つの目安でしょうか。

 

変動金利は、金利が低いうちは

元本に充当される部分が大きくなります。

 

ということは

元本が早く減って行く

ということになります。

 

仮に10年後や15年後に金利が

上がってしまったとしても

固定金利で返済を行っているよりも

元本が多く減っていることが予想されます。

 

 

★返済比率に余裕がある方

将来、金利が上がってしまったとしても

充分、返済ができるという方です。

 

年収に占める全てのローン返済額の割合を

返済比率といいます。

 

この返済比率が20%~25%以下の方は

ある程度、金利が上昇しても

払える余裕がある程度はあると言えます。

 

 

変動金利を選択する場合

この3つの選択基準を参考にしてみてください!

 

 

 

10年超の期間固定及び長期固定については

次回のブログで、ご紹介します! 

 

 

JMPパートナーズ

担当:吉田(よしだ)

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ