米国の住宅ローン金利、そんなに高いの?

bgt


みなさん、LG styler(エルジースタイラー)って知ってますか?

かけておくだけで衣類のにおい、しわ、ホコリを取り除く

おうちクリーニング」ができる家電です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スチームと振動で衣類を傷めず、除菌、臭い、ダニ・花粉、シワを

取り除くという優れものです。

 

 

欲しくないですか?

ただ、価格が20万円近くと高額です。

家庭に1台は欲しい家電ですが価格が・・・

 

 

で、大妥協してこれを買いました。

水を使わず空気で洗う衣類ウォッシャー「ラクーン」

 

 

 

 

 

 

 

 

水を使わず空気(オゾン)で洗う(除菌・消臭)というものです。

LG stylerと比較すると機能的にはだいぶ落ちますが

1万円以下と価格が安い!

 

 

 

花粉の季節に欲しい家電ですがもう終わりました。

ただ、これから夏は汗をかきます。

スーツとかは汗の臭いが多少ついても、毎回クリーニングには出せません。

傷みが早くなるし、クリーニング代がかさみます。

その点、これを併用すれば除菌、消臭できますので家計にもやさしいです。

 

 

前置きが長くなりました。

住宅ローン借り換えセンター代表の望月です。

 

 

住宅ローンの借り換えも家計コストを落とすという意味では

「家計にやさしい」金融商品と言えます。

 

 

ところで・・・

現在の米国の住宅ローンの金利って、何%か知ってますか?

代表的な30年固定のローン金利はなんと

4.47%(4/19時点)です。

 

 

ちなみに日本の35年固定(フラット)は何%でしょうか?

1.35%(4月現在)です。

同じ先進国なのに、なんと3.12%も違います。

 

 

米国と日本を比較してみましょう。

3000万円を返済期間を35年で借りたとして計算してみます。

 

 

(米国:4.47%)

月々返済額 141,420円

総返済額 5,939万円

利息額  2,939万円

 

(日本:1.35%)

月々返済額 89,666円

総返済額 3,766万円

利息額  766万円

 

 

当初の借入額は同じ3,000万円なのに

米国と日本では支払額が約2,000万円も違います。

金利って恐ろしいと思いませんか?

 

 

この日米の金利差は極端な例と思うかもしれませんが

1%程度の差でも、かなり支払総額には大きな差がでます。

まだ高い金利でそのままにしている方!

無駄な利息を払い続けるのを早くやめましょう。

 

 

 

日本でも今から10年ほど前の35年固定の金利は

3.5%~4.0%だった時期があります。

日本も順調に景気が回復すれば

この金利水準になっても全然おかしくありません。

 

 

 

現在、日銀は黒田総裁のもの金融緩和は継続中です。

金利が低いうちに住宅ローンを見直さないと損ですよ。

 

 

住宅ローン借り換えセンターでは借り換えた場合の試算は無料です。

審査に通るかどうかの与信診断も無料です。

無料診断のお申込み、お待ちしております。

 

 

この記事を最後まで読んでくれた方

下記2つのブログランキングのバナーを

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ

 

WEBでのお問い合わせは↓

 

住宅ローン借り換えセンター

 

アパートローン相談センター

 

 

 

返済に困ったら 住宅ローン再生センター

 

 

 

お電話でのお問い合わせは↓

0120‐55‐2841

サブコンテンツ

このページの先頭へ