住宅ローンを使って自宅をリフォームする方法!

bgt


 

さて

“わかりやすい住宅ローンのはなし”

 

 

今回は住宅ローンの特徴を生かして

自宅をリフォームする方法について

 

 

建築後10年とか15年してくると

外壁やら内装やら水廻りやら

 

何かと自宅のリフォームを

検討し始めますよね。

 

現金で行う方もいれば

ローンを組まれる方もいます。

 

 

一般的にリフォーム資金の融資は

“リフォームローン”になり

 

銀行や信販会社で幅広く

取り扱っています。

 

ただこのリフォームローン

住宅ローンに比べて金利が高く

返済期間も短いのが特徴です。

 

住宅ローンも返済しながら

リフォームローンの返済ともなると

毎月の返済負担が増加するので

 

いまいち

リフォームに踏み切れない…

 

なんて方もいると思います。

 

 

そんな方に朗報です!

 

住宅ローンを使って

自宅をリフォームする方法をお伝えします。

 

 

本来住宅ローンは

自宅を取得するための“特別なローン”で

 

金利が低く

返済する期間もとても長くできる

特徴があります。

 

住宅取得に限られた特別なローンですので

“自宅の不動産の購入以外には利用できない”

というのが常識ですよね。

 

ところが

各銀行の差別化施策も手伝ってか

 

“住宅に付随する費用”であれば

住宅ローンに含めて融資を受けられる住宅ローンも

増えてきています。

 

住宅に付随する費用とは

太陽光発電や蓄電池の購入費用や

自宅のリフォーム費用になります。

 

 

ただしリフォーム資金だけの借り入れで

住宅ローンが使えるということではなく

 

住宅ローンの借り換えに合わせて

リフォームを行う場合に限り

 

住宅ローンの借り換え資金に含めて

リフォーム資金を融資しています。

 

 

リフォームローンでなく

住宅ローンを使えれば

 

金利が低く

長期間の返済ができますので

 

リフォーム後の毎月の返済額を

大きく軽減できる場合があります。

 

 

 

 

こちらはリフォームローンを利用した場合と

住宅ローンを利用してリフォームした場合との

比較表ですが

 

現在の住宅ローンの返済額と変わらずに

自宅のリフォームができる

なんてこともあります。

 

 

ご自宅のリフォームを検討されていれば

リフォーム内容だけでなく

どのローンを利用するのか?

そんなことも大切なポイントです。

 

やりたいリフォームの内容と

掛けられるご予算に乖離があって

 

リフォームに踏み切れない・・・

 

なんて方がいらっしゃいましたら

 

ご相談はお気軽に。。。

 

住宅ローン借り換えセンター

 

 

住宅ローン診断士 橘和門

サブコンテンツ

このページの先頭へ