欠陥住宅のリフォーム

bgt


 

先日、自宅の近所の神社に行ったところ

 

ちらほらと梅の花が咲いてました。



早く暖かくなってほしいです。。。

 

寒さに弱すぎる、住宅ローン診断士の大塚です。

 

休みの日に前職(リフォーム業)の仲間たちと飲み会がありまして、

 

その際に話した、

 

”こんな欠陥住宅あったよね”

という話題になりました。

 

今回は私が遭遇した欠陥住宅と、そのリフォームをお話しします。

 

CASE1

天井裏がバッキバキ

 

築15年の木造2階建て住宅のお客様から

 

”台風後で雨漏れとかしてないか見てほしい”と相談があり、天井裏に入りました。

 

雨漏れはなかったのですが、驚きの光景が僕の目の前に、、、

 

①まず入ってすぐ、廃材の山

 

あまった木材や、ネジや、テープ類などなど、、、

 

しかも1か所に綺麗にまとめられていて思わず笑ってしまいました。

 

②小屋筋違い、雲筋違い(小屋束と小屋束を繋いでゆがみを防ぐ厚板材)の施工不良

 

片方の小屋束に届いていなかったり、

 

片方しかくぎ打ちされていないという、明らかな手抜き工事。

 

③母屋、棟木(屋根材の下地を支える柱)の断裂、、、

 

木造なので柱が多少割れたりすることはあるのですが、、、

 

バッキバキに裂けていました。

 

瓦の重さを支えたり、屋根裏の中でも重要な柱です。

 

これらをご主人様、奥様に見せたところ、絶句していました。。。

 

建元の業者さんも潰れてしまっているようで、天井裏に入ったことがなかったようでした。

 

なので怒りの矛先をどこにもぶつけられない様子でした

 

まさか、台風の雨漏れの点検を依頼したつもりが、こんな事になるなんて、、、

 

このような珍しいケースもありました。

 

次回、バッキバキの柱をどうやって直すの???

 

をお届けします。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ