リフォームローンは住宅ローン借り換えとセットがお得!

bgt



リフォームローンを借りる場合は、住宅ローンの借り換えとセットがお得ということをお伝えしたいと思います。

これは、現在の低金利や金融機関の住宅ローン争奪戦という市場環境だからこそ、可能とする手法です。

 

 

リフォームローンの金利と返済期間

リフォームローンを借りる場合、金利は2%~3%台が一般的です。
返済期間は、短いところでは5年、平均的には10年、長いところで15年といったところです。

住宅ローンの借り換えと同時に、リフォームローンを申し込むと、(銀行によりますが)リフォームローンも住宅ローンと同じ金利、同じ返済期間で借りることができたりします。

 

現在の住宅ローンの変動金利で例えますと、0.7~0.9%前後でリフォームローンが借りれるという意味です。

また、住宅ローンの返済期間が20年残っているとしたら、本来、10年でしか借りれないリフォームローンが、20年払いで組めるということになります。

これにより、月次の負担額がかなり軽減されます。

 

 

どこの金融機関でもできるのか?

全ての金融機関が、この対応をしてくれるとは限りません。

ネット系銀行ではこの手法はできません。

表面上、そういったローン商品がない金融機関であっても、住宅ローンはどこの金融機関も欲しいので、条件交渉によって、このローンの組み方をしてくれたりもします。

ソーラーローンでも同じことができる場合があります。

 

 

家計コストの削減にも貢献

リフォーム工事やソーラーを設置したくても、月々の負担が大きくなるのは、つらいところでしょう。

消費税増税、電気代上昇、ガソリン代上昇といった家計負担増がじわじわとせまるなか、こういった工夫をすることで、少しでも家計コストは削減したいものです。

住宅ローンの金利見直しによって、月々減った支払額の範囲内でリフォームローンの返済額が抑えられれば、最も理想的です。

 

 

住宅ローン借り換えとセットで、(実質)追加負担のないリフォーム・ソーラー

現在借りれている住宅ローン金利が1%後半から2%台の変動金利だとすれば、借り換えによって1%以下に落とすことで、月々の負担が1万円から、多い方で3万円、減る場合があります。

借り換えによって月々減る利息の範囲内でリフォーム予算を組み、リフォームローンを借りることで、現在、払っている住宅ローン支払額と変わらない月々の負担額でリフォーム工事ができることになります。

 

これは現在の超低金利、金融機関の住宅ローン争奪戦という市場環境だからこそ、できるものです。

築10年程度経過しますと、どこかリフォーム工事したい箇所がでてきます。

省エネエアコンに変えた方が、電気代は安くなったりします。

最近では、ソーラーやエコキュートなどをセットで設置することで、環境に良いだけでなく、電気代削減にも繋がり、かなり流行ってます。

 

 

このように、住宅ローンの見直しと同時に、リフォームやソーラーなどを検討してみたい方は、住宅ローン借り換えセンター(JMPパートナーズ)までご相談下さい。

 

住宅ローン借り換えセンターJMPパートナーズ

住宅ローン借り換えセンターJMPパートナーズ

 


サブコンテンツ

このページの先頭へ