0円リフォーム

bgt


0円リフォーム

 

グーグルヤフーで「0円リフォーム」と検索すると、住宅ローン借り換えセンター(運営:JMPパートナーズ)が上位表示されます。

 

0円リフォーム」とは???

住宅ローンを低金利に借り換えて、その月々浮いたお金の範囲内で、リフォームローンを借りて、リフォーム工事を行うというサービスです。

借り換え前と比較すると経済的効果(現金収支)が「実質0円」という意味であり、無料でリフォームができるという意味ではありません。

 

住宅ローン借り換えとリフォームローンを同時に行うと、リフォームローンの金利と返済期間が住宅ローンと同じ条件で借りれるなど(銀行による)の特典もあります。

 

 

住宅ローン借り換えを使った「0円リフォーム」は、特に新しいビジネスモデルではなく、10年以上前からリフォーム業者によって展開されてきたサービスです。

しかし、当時は、住宅ローンにあまり詳しくない工事業者が住宅ローンの借り換えまで行っていたケースが多く、

工事は先にクレジットで受注したものの、その後、住宅ローンの借り換え審査が通らず、結局、普通に支払いが増えた、話が違う、などの苦情が多かったようです。

 

当社の場合、リフォームは専門の工事業者、住宅ローンは当社スタッフ(住宅ローン診断士)が対応しており、住宅ローンの借り換え審査(+リフォームローン審査)が通ってからでないと、工事は開始しませんので、このような苦情が起きることはありません。

成功すれば、非常に満足度の高いサービスで、お客様にも大変喜ばれます。

 

 

当社以外でも、「0円リフォーム」という名称(又は類似名称)で、似たようなサービスを展開している会社は、結構、たくさんあります。

それらの会社と当社には、決定的な違いがあります。

それは何か???   コンプライアンスです。

(勿論、住宅ローンコンサルティングの技能は最も自信があります。)

 

しかし、世の中の住宅ローンコンサルティングと称しているいる会社のほとんどは、無登録営業という恐ろしい状況です。

 

ローン媒介業務は、貸金業登録が必要で、犯罪収益移転防止法・個人情報保護法の規制は当然として、貸金業法16条書面・17条書面・18条書面・交渉履歴の保管・入金履歴の保管など、非常に面倒な事務手続きが多数あります。

しかも、貸金業務取扱主任者という国家資格保有者を設置しなければなりません。

これらは全て消費者保護のために行うものですが、無登録業者はこういった手続きを何もやりません。

 

0円リフォームを工事業者と組んで行うローンコンサルティングの登録業者のなかには「ローン媒介費用は工事代金から回収するので免許は要らない」などと、勘違いというか、法律や判例を知らない人達も多くおります。

お金を貰わなくても(タダでも)貸金業登録が必要」という最高裁判例があることも知りません。

出資法で報酬の上限が決められていることすら知らない業者もおります。

※無登録営業は、10年以下の懲役または3,000万円以下の罰金(または併科)、法人は1億円以下の罰金です。

 

0円リフォームを宣伝する無登録業者にはご注意下さい。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ