2016年を振り返って

bgt


2016年は皆さんどのような年でしたでしょうか。

 

世界的に見ても大きな出来事がたくさんあった年でした。

個人的に印象が強かった出来事は、世界では「米大統領選挙」「英EU離脱」でした。

日本国内では「マイナス金利」「東京都知事選挙」「熊本地震」といったところです。

(あくまで個人的意見)

 

 

ブログ筆者のプライベートの出来事では、「初めて腰を痛めた事」と「やせた事」です。

腰はすぐに直りましたが、もうそういう年齢になったのかな?と感じました。

水出し茶」ダイエットは効果抜群でした。

茶葉を容器に入れ、そこに水を入れて、冷蔵庫に入れて一晩寝かせておくだけです。

 

水出し茶は、お湯出しと比較すると、エピガロカテキンという物質がたくさん抽出されます。

お湯出しだとあまり出ない物質で、免疫力がアップするそうです。

 

 

また、甘味成分がたくさん出るのですごく美味しくなります。

ペットボトルのお茶が不味くて飲めなくなります。

茶葉代はかかりますが、2~3回は茶葉を変えず水を追加して使えます。

ペットボトルのお茶を買うよりコスパは良いのでは?(計算はしてません)※水は水道水です。

 

もともと、免疫力を高める目的で始めたものです。

副次的効果でダイエットもできたという嬉しい話です。

ついつい話が脱線しましたが、水出し茶は良い事だらけなので本当にお勧めです。

 

 

仕事の話に戻りますが・・・

2016年1月下旬の日銀政策決定会合でマイナス金利の導入が決まりました。

結果、もう下がらないだろうと思っていた金利が更に落ちました。

 

≪2016年12月の最低金利≫

【変動金利】0.497%

【10年固定】0.45%

【固定金利】(民間)1.11%/(フラット)35年→1.10%、20年→1.03%

※フラットは団信別払(+0.35%程度)なので、35年固定の実質金利は民間銀行の方が低い水準

 

金利が過去最低を更新した結果、住宅ローン見直しに動く人が急激に増えました。

住宅ローン借り換えセンターでも3月~5月頃は非常に忙しかったです。

マイナス金利の追い風によって、住宅ローン借り換えセンターの業績も好調な結果を残せました。

 

 

住宅ローン借り換えセンターの事業に参入したプレイヤーも増えました。

現在、全国にFC展開しておりますが、年末までにお申込み頂いた分を含めると累計で50店を超えました。

FC加盟を検討中という法人・個人もまだ多数おり、2017年は100店を超えると予想されます。

 

 

総括すると「マイナス金利」で「業績プラス」の年でした。

 

 

2017年は更にお客様に喜ばれるような新しいサービスを導入していきたいと考えてます。

住宅ローンの借り換えとは、家計コストの見直しです。

2017年は、住宅ローンだけでなく、その他の家計コストの見直しサービスを本格化させていきます。

その他の家計コストとは、

・その他ローン(住宅ローン以外の全てのローン)

・生命保険

・通信費(特に携帯電話代)

・光熱費(特に電気代)

を指します。

 

また、30代をターゲットとした新規の住宅ローンの相談業務も強化します。

将来のフィンテック化に向け、IT化に着手します。

 

オンリーワンのサービスを構築し、お客様にとってのナンバーワンを目指します。

皆さま、良いお年を!

(年末年始は、12/29~1/4までお休みを頂きます。)

サブコンテンツ

このページの先頭へ