【離婚】諦めないで!今の自宅に住み続ける3つの方法(最終章)その5

bgt


住宅ローン借り換えセンターの西片です。

 

 

 

 

 

さて、恒例となりました、

離婚に伴った借り換えの解説。

 

 

 

 

 

 

借り換えor売買を用いて名義を一本化する

において、各STEP毎に解説をしております!

 


【STEP1】 

お一人の年収で住宅ローンが返済できるか

(借り入れできるか)計算する


【STEP2】

融資の検討をしてくれる銀行を探す


【STEP3】

審査に必要な書類を準備する 


【STEP4】

銀行の事前審査に申し込む


【STEP5】

銀行の本審査に申し込む ←今回はココ


【STEP6】

現在借り入れをしている銀行に対して、一括で返済をする旨を伝える←今回はココ


【STEP7】

新しい銀行と融資の契約をする


【STEP8】

融資の実行日に元々の借り入れ銀行に行き、抵当権の解除書類を受け取る


【STEP9】

完了


 

 

 

今回は

 

 

 

【STEP5】

銀行の本審査に申し込む

 

 

 

【STEP6】

現在借り入れをしている銀行に対して、一括で返済をする旨を伝える

 

 

 

 

2 STEPに関して解説を

 

 

 

 

 

 

【STEP5】

銀行の本審査に申し込む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回解説させて頂いた、「事前審査」をクリアしていれば、

おおよそ審査は通過いたします。

 

 

 

 

 

本審査の際に初めて何かを準備するということはなく、

 

 

 

 

 

事前審査提出時の下準備が非常に重要です。

 

 

 

 

事前審査が通過してしまえば、

あとは、本審査用の書類を記入する程度の形式的な手続きとなります。

 

 

 

 

本審査の手続きですが、

銀行によっては来店不要(郵送or銀行担当者がお客様宅へ訪問)

な場合もあります。

 

 

 

 

 

 

続いて

 

 

 

 

 

【STEP6】

現在借り入れをしている銀行に対して、一括で返済をする旨を伝える

 

 

 

 

 

 

見事、事前審査が通過しましたら、

このタイミングで、現在借り入れをしている銀行に対して、

完済するための手続きを行う必要があります。

 

 

 

 

 

手続きは、

電話来店での書類記入

 

 

 

 

 

 

 

が必要となります。

(郵送で完結する銀行もあり)

 

 

 

 

 

 

この手続きですが、

必ず契約書様ご本人様が行う必要があり、

ご家族様でも代理で行うことができませんので、

少々面倒です。

 

 

また、手続き開始から完了まで平均3週間ほどかかります。

 

 

 

 

銀行によっては丸々1ヶ月かかるところも・・・

 

 

 

 

 

 

折角審査が通過しても、

この手続きが完了していないと、「借り換え」ができませんのでご注意を。

 

 

 

 

★無料相談はこちらから★

サブコンテンツ

このページの先頭へ