9/7【東松島市】住宅再建セミナー

bgt


9/7【東松島市】住宅再建セミナー

 

9月7日(日)、東松島市の仮設住宅集会所において、被災した住宅を再建される方を対象に、住宅再建セミナーが開催されます。

【お問合わせ先】東松島市 生活再建支援課 移転支援班 / 宮城復興局 推進班

セミナー内容は、住宅再建支援制度に関すること、家づくりの進め方、住宅ローンの選び方・借り方、建築プランなど。

 

住宅建築コーディネーター協会日本住宅ローン診断士協会から講師を派遣します。

その他、宮城復興局や工務店団体などからも、情報が提供されます。

 

既に震災から3年半経過しておりますが、仮設住宅に住んでおられる方はまだ多くいらっしゃいます。

東松島市だけで、集団移転予定人数は4,000人ほどいるそうです。

まだ、東松島市は他の被災地に比較し、集団移転事業が進んでいる方で、他の地域はまだまだこれからです。

 

集団移転先に戸建住宅を建てる方もいれば、公営住宅に入る方もおります。

戸建住宅をこれから建築される方は、どんな家を建てるか?家づくりはどう進めれば良いか?住宅ローンはどうするか?など、さまざまな悩みを抱えております。

そこで、住宅建築住宅ローン専門家が、タッグを組んで、住宅再建の支援をするという企画です。

 

この企画は、当初、日本住宅ローン診断士協会が、東松島市に対し、仮設住宅に住む方への、住宅ローン相談会を実施させて欲しいと打診したのが始まりでした。

東松島市も、集団移転をスムーズに進めたいという思いがあり、賛同をいただきました。

その後、宮城復興局にも賛同いただき、今回の企画が実現しました。

 

建築に関しては、顧客の立場にたち、中立公正な助言ができるアドバイザーが必要ということで、日本住宅ローン診断士協会の提携団体である、住宅建築コーディネーター協会に講師派遣を依頼しました。

 

住宅建築コーディネーター協会から派遣される講師の方は、建築コーディネートサポート株式会社の吉田光宏社長です。

昔、自分が家を建てた際、設計会社や工務店に対し、不満なこと、理不尽なこと、いい加減なことが多すぎて、「これではダメだ!」という思いから、満足できる家づくりを目指し、住宅建築を網羅的にコーディネートする仕事を始めたそうです。

 

(吉田モデルは、ざっとですが、以下の流れで行います)

・まず、顧客の希望をもとに、3社の設計事務所が設計図面を書き、顧客にプレゼンする。

・顧客が、最も気に入った設計事務所1社を選ぶ。

・次に、その設計図面をもとに、8~10社の工務店で入札を実施する。

・最も安い工務店の上位数社を選別し、顧客と面談のうえ、1社を決定する。

・設計通りに建築が行われるよう第三者機関が細かくチェックする。

 

このモデルにより、より安く、より理想の家が建築でき、非常に顧客満足度は高まります。

それを証明するように、吉田モデルを経験した顧客が、紹介をたくさんくれるそうです。

 

私は吉田さんの事業モデルを聞いて、自分がもし家を建てるなら、吉田さんに相談しようと思いました。

ですので、被災地でこれから家を建てようという方には、ぜひ、吉田さんの話を聞いて損はないと思います。

興味のある方は、建築コーディネートサポート株式会社のウェブサイトをご覧下さい。

 

 

このブログが役に立ったら、応援クリックをお願いします!

 ブログ村

住まいるブログ

人気ブログランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ