端末と料金の分離?Part.3

bgt


住宅ローン借り換えセンターの藤井です。

 

 

前回に引き続き

端末と料金の分離というテーマに書いていきます。

 

 

  ↓ ↓ 前回のお話し ↓ ↓

端末と料金の分離?Part.2

 

前回も書きましたが

携帯の料金引き下げに向けた動きが

ニュース、新聞に取り上げられております。

 

 

その中で先日は

ソフトバンクが販売方法で厳重注意を受けたとのこと

 

以前から過剰な割引が目立っていたが、

端末と料金の分離という点に力を入れているからか

また厳重注意が入り

再発防止を講じるよう行政指導されたとのこと

 

端末が『実質0円』などで購入できると

スマホをよく買い替える人とそうでない人に

不公平があるからでしょうか。。。

 

 

 

大手キャリアの料金が下がることで

MVMO(格安SIMなど)の金額にも影響が出ると考えられるので

競争が激しくなることが予想されます

 

この機会に携帯料金について調べる人も

増えていくのではないでしょうか?

 

 

 

個人的には

ドコモユーザーなのでドコモで発表があった

基本料金が2~4割引き下げるとの発表が

非常に気になるところではあります。

 

 

毎月が1万円程度だとすると

6000~8000円くらいに下がるということは

 

月々4000円下げられたとすると

 

年間で 48,000円

10年 48万円

30年 144万円

 

この引き下げで家計には大きく影響が出るので

期待しながら日々ニュースを見ています

 

 

みなさんもぜひ携帯業界の動向に

耳を傾けていただき

家計コストに見直しを今一度してみてください!

 

携帯ショップでの相談だと

待ち時間などで時間を無駄にしてしまう。。。

 

と、お考えであればぜひ気軽に相談していただけたら

コスト削減方法などを提案でいたします!

 

ご相談お待ちしてます!!

 

 

携帯業界の動きなどがあれば

また書いていきます!

 

 

 

 

 

 

この記事を読んで「なるほど」と思ったら

下記2つのバナーをクリックしてください↓

にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ

 

WEBでのお問い合わせは↓

 

住宅ローン借り換えセンター

 

アパートローン相談センター

 

 

 

返済に困ったら 住宅ローン再生センター

 

 

 

お電話でのお問い合わせは↓

0120‐55‐2841

サブコンテンツ

このページの先頭へ