Q&A 収入合算で借りた方が良いですか?

bgt


住宅ローン借り換えセンターの望月です。

住宅ローン借り換えセンターにご相談いただいた

質問と回答をご紹介します。

 

 

Q&A 収入合算で借りた方が良いですか?

 

家の購入を検討してます。

物件価格は5,000万円です。

夫は会社員、勤続10年、年収は600万円です。

妻の私は契約社員で、勤続3年、年収300万円です。

自動車ローンが月々3万円、携帯電話の分割返済が1万円

その他ローンが100万円(月々2万円)あります。

預金は300万円です。

 

 

不動産会社からは夫婦の連帯債務の収入合算を勧められてます。

私はいつまで働けるかわからないので

できれば主人だけで借りれたらと思ってます。

 

そもそも、5,000万円という高額な家が買えるのだろうか?

払っていけるのだろうか?と心配です。

 

専門家の方のご意見を頂ければと思います。

 

 

*****

 回 答

*****

 

住宅ローン借り換えセンター(JMPパートナーズ)

住宅ローン診断士の望月です。

当センターでは新規借り入れの相談も受け付けておりますので、

アドバイスさせて頂きます。

 

 

まず、ご主人の年収だけで、5,000万円借りれるか?

ですが、自動車ローンやその他のローンを考慮すると

非常に厳しいです。

 

 

ご主人の年収だけでの借入可能額ですが、

3,400万円~5,300万円まで借りられる

という診断結果です。

※金融機関によって借入可能額は変わります。

 

 

奥様の収入を合算した場合ですが、

50%合算の場合、4,400万円~6,900万円

100%合算の場合、5,400万円~8,400万円

 

 

奥様の収入を合算し、金融機関を選べば

5,000万円は借りることができます。

 

 

 

問題は、奥様がいつまで働くかわからないという点です。

奥様の収入が全くなくなった場合、ご主人のみの収入のみですと

家計的にはかなり厳しくなることが予想されます。

 

5,000万円、返済期間35年、金利1.5%(固定)で借りた場合

月々返済額は153,000円なります。

 

 

ご主人の年収が600万円、賞与が3ヵ月分とすると

600万円÷15カ月=月給40万円(賞与2回で120万円)

手取りが35万円と想定すると

月間収支の42%も住宅ローンが占める計算になります。

 

 

 

ボーナス返済を追加すれば月々の返済割合は減ります。

ただ、転職や会社都合によりボーナスがなくなったら

返済はできなくなるリスクがあります。

 

 

給与に対する月間の返済額の理想は

20%から高くとも30%以内に抑えた方が安全です。

 

 

そう考えると、月々返済額を決め、

その逆算で物件予算の設定を行い、

その物件予算を上限として物件選定を行う

という作業を先にすべきです。

 

 

 

ハウスメーカーや不動産会社に相談すると、

収入合算を前提として、目一杯借りられる金額まで

予算を組まれてしまうかもしれません。

彼らは高い価格の物件を買って貰いたいからです。

 

 

 

まずはライフプランの設計を行ってから

物件予算を組むという当たり前のことを行って下さい。

 

 

 

 

この記事を読んで「なるほど」と思ったら

下記2つのバナーをクリックしてください↓

にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ

 

WEBでのお問い合わせは↓

 

住宅ローン借り換えセンター

 

アパートローン相談センター

 

 

 

返済に困ったら 住宅ローン再生センター

 

 

 

お電話でのお問い合わせは↓

0120‐55‐2841

サブコンテンツ

このページの先頭へ