【解説】別れた旦那にどんな手続きしてもらえばいいのかしら?厳選Q&A集より

bgt


身勝手の極意を極めた悟〇の次回予告に感動し、

来週の日曜日が待ち遠しい西片です笑

 

ほんと男っていつまで経っても少年だと思います。

 

 

 

さて「離婚×住宅ローン」の問題

 

今回も皆様に役立つQ&Aを!

 

過去のQ&Aはこちらから↓

★もう安心!【離婚×住宅ローン】★厳選Q&A集★ その2

★【これだけ見ればもう安心!】離婚×住宅ローン★厳選Q&A集★その1

 

 

Q3. 既に離婚しているのですが、名義変更にあたって、元(夫or妻)に、何かやってもらう手続きはありますか?

 

 

A. YESです。(ほとんどの場合)

 

 

既に離婚しているし、

あまり手続きが多いと相手に依頼しづらい・・・

 

 

そう思うのは皆さん当然だと思います。

 

 

どんな手続きが発生するか知っているだけでも、

相手方に相談しやすくなると思いますので、

ここで覚えて帰って下さい( `ー´)ノ

 

 

具体的なケースを想定し、STEP毎

どのような手続きを行って頂く必要があるかを解説いたします。

(あくまで相手方が行う必要がある手続きです。)

 

 

【前提】

債務名義 ペアローン
不動産名義 50%ずつ
不動産名義の変更方法 売買

 

 

★STEP

審査に必要な資料を準備してもらう

   ↓

★STEP

不動産仲介会社の方と面談・契約をしてもらう(不動産の売買契約締結のため)

   ↓

★STEP

現在の住宅ローンを一括返済するための手続きを行ってもらう

   ↓

★STEP

司法書士との面談をしてもらう(売買の意思確認のため)

   ↓

★STEP

抵当権を解除する書類を受け取ってもらう

 

と、少なく見積もっただけでもつのSTEPがあります。

 

 

 

それではSTEP毎に詳しく解説していきます。

(どれだけ大変かを書いていこうと思います。

結構長くなるので結論だけお知りになりたい方は、

※【結論】の文字までスクロールしてください。

 

 

★STEP

【審査に必要な資料を準備してもらう】

 

 

 

 

 

当たり前ですが、いざ銀行に名義変更の相談をしようと思ったとき、

相談するための資料が必要になります。

 

今回はペアローンのケースを想定していますので、最低でも、

①お二人それぞれの「住宅ローン返済予定表」(当初の融資内容、現在の残高が記載されている部分)

②住宅ローンのを返済している口座の「通帳写し1年分」(表紙含む)

が必要になります。

 

「前の旦那の返済予定表通帳は前の旦那が持ったままだし…」

 

なんてことが発生します。

 

万が一、返済予定表を紛失されているようでしたら、

「元ご主人様」から「銀行」にお電話して頂き、再発行して頂く必要がございます。

 

通帳も記帳おらず、合計記帳になってしまっている場合は、こちらも同様に

「元ご主人様」から「銀行」にお電話して頂き、1年分の取引明細を発行して頂く必要がございます。

 

この時点でもう大変(;O;)

 

 

 

 

★STEP

【不動産仲介会社の方と面談・契約をしてもらう(不動産の売買契約締結のため)】

 

 

 

 

 

 

今回は、不動産名義の変更方法(所有権の移転方法)は「売買」で行うこととしています。

銀行によっては「贈与」でなければ不可な所もあります。

 

元夫の不動産持ち分を「買い取る」こととなりますので、

不動産の売買となり、不動産仲介会社の方を入れて

当事者間で売買契約を締結する必要があります。

 

元ご主人にもご足労頂くだけではなく、

不動産仲介会社を選んで、また一から今回の経緯を相談して、、、

なんて作業が増えてしまいますね。

あと、「不動産の仲介手数料」も発生してしまいます。。。

 

 

 

★STEP

【現在の住宅ローンを一括返済するための手続きを行ってもらう】

 

 

 

 

 

 

 

書類を集めて銀行に相談し、

不動産の売買契約も締結し、

銀行審査に出し、見事銀行審査が通過したとします。

 

今度は、「現在借りてる銀行」に対しての手続きが待っています。

 

ペアローンの場合、

債務者の方それぞれから、「現在借り入れをしている銀行」に対して、

一括返済をするという「申し入れ」「手続き」が必要になります。

(連帯債務の場合もそれぞれから必要なケースもあります)

 

「申し入れ」→ご本人様から銀行へお電話が必要

「手続き」→ご本人様の来店が必要(郵送のみで完結する銀行もある)

 

しかもこの手続き

完済日の〇〇日前(3週間前が多い)までに完了

していないといけない等の成約があり、結構面倒(+_+)

相手方にスケジュールを強要するのも難しいかもしれませんよね。。。

 

 

 

 

★STEP

【司法書士との面談をしてもらう(売買の意思確認のため)】

 

 

 

 

 

 

審査が通過し、名義変更することが決まった場合、

実際の登記変更を行う司法書士がご本人様確認を行います。

ここでも対面での手続きが必要ですね(>_<)

 

 

 

★STEP

【抵当権を解除する書類を受け取ってもらう】

 

 

 

 

 

 

 

さあ、すべて整って、あとは融資実行を待つだけ!っと思ったら最後にありました。

 

融資実行日当日に完済先から発行される、「抵当権の解除(抹消)書類」

 

こちらの受け取りは原則ご本人様のみのため、

債務者様それぞれが、銀行に取りに行く必要があります。

どちらか片方でいいじゃん!!って思ってしまいますよね。

ほんと銀行さんは非効率(;O;)

 

 

 

 

※【結論】

相手方には結構動いて頂く必要がございます。

 

「あんまり円満離婚じゃなかったから、こんなに頼めないな、、、。」

「諦めようかな、、、。」

 

と思ったそこの奥様!

 

 

 

ご安心下さい!

 

 

住宅ローン借り換えセンターへご依頼頂ければ、

上記の5STEPのうちのいくつかを省くことができ、

不動産の仲介もそのまま関連会社で請け負うことができます。

(面倒な一からの説明は不要です)

 

どの部分の手続きが省けるかは

ケースバイケースとなりますので、お気軽にご相談頂ければと思います!

 

 

★無料相談はこちらから★

 

それではまた次回♪

 

 

住宅ローン借り換えセンタ―

電話番号:0120‐55‐2841(お電話でのお問い合わせはこちら!)

離婚相談担当:西片圭佑(にしかた けいすけ

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ