【これだけ見ればもう安心!】離婚×住宅ローン★厳選Q&A集★その1

bgt


 

ようやく、念願だった

「ボイストレーニング」に通い始めました、

西片(にしかた)です笑

 

 

 

も、も、もちろん

し、し、仕事のためです

 

 

 

これで

 

 

歌が上手くなればいいと思います。

聴き取りやすい話し声になればいいと思います。

 

 

 

 

 

さて、「離婚×住宅ローン」の問題

 

 

 

今回は具体例(ケーススタディ)というより、

良く頂戴する質問にお答えしようと思います!

 

 

バックナンバーはこちらから↓(=゚ω゚)ノ

【離婚×住宅ローン借り換え 】ケーススタディ2

 

離婚×借り換え ケーススタディ

 

★必見!!離婚の借り換え結果その2!!

 

★離婚しても住み続けたい!!

 

★離婚予定・離婚済の方必見!! 住宅ローン名義を変更できた実例をご紹介!!

 

★離婚の借り換え 借り換え結果に迫る!!

 

★2018年一発目も”離婚”ですか!?西片さん!

 

 

 

それでは参りましょう!

 

 

 

Q1. 離婚した元夫と

「共有名義」の住宅ローンがあるのですが、

一本化することはできますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A. Yesです

 

 

一番、多い質問ではないでしょうか。

 

 

結論から申し上げますと

「一本化」することは可能。

 

方法は、

借り換え(贈与)売買(親族間売買)が主。

 

 

しかし、残念ながら全ての方が対象という訳ではありません。。。

 

 

・ご収入に対する返済の割合(返済比率

・雇用形態(正社員、契約社員、派遣社員、パート、アルバイト)

・対象物件の価値(担保評価)。

によっても銀行の検討状況が変わります。

 

 

また、そもそもですが、銀行によっても対応できるかどうかが変わってしまいます。

(銀行毎に審査基準は異なるため)

 

 

「贈与」を用いた借り換えが行えない銀行や、

(元)親族ということで、

如何わしい取引なのでは?という観点から、

(元)親族間で売買をする際のローンが付かない銀行もあります。

(むしろ、対応してくれる銀行は少ないです)

 

 

重要なのは

お客様の状況に合わせて(ご収入状況、居住地域、権利関係、等々)

実際に審査通過の可能性が高い銀行を選定し、交渉すること。

 

 

是非一度、お客様ご自身でトライしてみて下さい(‘ω’)ノ

★そんなことやってる時間ないよ!まずはプロに無料で相談したい方はこちらから★

 

 

 

続きまして

 

 

 

Q2. 毎月「養育費」を払っているのですが、審査で不利になりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A. 銀行によって判断が異なります。

 

 

少しマニアックな質問ですが、結構多いです。

 

結論、銀行によって「養育費」の考え方、捉え方は違います。

 

 

毎月の固定費ということで、ローンと同じとみなされ、

※返済比率に計上されてしまう銀行が多いように感じますが、

だからと言って審査に不利に働くわけではありません。

 

 

毎月の養育費を含めても、

年収に占める返済割合(※返済比率)が、銀行の基準を満たしていればOKです。

(不利にはなりません)

 

※返済比率に関してはこちらの記事を↓

【離婚×住宅ローン借り換え 】ケーススタディ2

 

 

ただし、、、

養育費を含めると「返済比率」がオーバーしてしまう場合は、要注意

 

 

そうなったら、

養育費返済比率含めない銀行を見つけましょう。

(なければ交渉で含めないようにしてもらいましょう)

 

★だから西片さん!そんなことやってる時間ないよ!という方はこちらから★

 

 

 

それでは、今回はこの辺で!

良い時間になってきたので、自転車で帰ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅ローン借り換えセンタ―

電話番号:0120‐55‐2841(お電話でのお問い合わせはこちら!)

離婚相談担当:西片圭佑(にしかた けいすけ

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ